ブリンカーン長官は北朝鮮のミサイルを非難する…米国、韓国、そして日本は協力することを約束した。

米国務長官は、日本の外相との電話協議の中で、北朝鮮からのミサイル発射を強く非難し、日米間の三国間協力の重要性を強調した。 そのため、米国の高官は、北朝鮮の弾道ミサイル発射に共同で対応する意思を表明するために、韓国と日本の政府高官と毎日電話をかけている。 これはジャーナリストのハム・ジハによって報告されました。

トニー・ブリンカーン国務長官は、国連安全保障理事会の決議に違反した北朝鮮の最近の弾道ミサイル発射を非難し、林芳正外務大臣との協議電話で、朝鮮半島の非核化のための日韓間の三国間協力を約束した。ネッド・プライス報道官は言った。

[프라이스 대변인] 「アントニー・J・ブリンケン国務長官は本日、林芳正外相と会談しました。 ブリンケン長官は、国連安保理決議に違反した北朝鮮の最近の弾道ミサイル発射を非難し、朝鮮半島の完全な非核化のために日本と韓国との三国間協力を約束した。

プライス報道官はその日のプレスリリースで、日米同盟の重要な役割は、日米安全保障諮問委員会の肯定的な結果に基づく平和、安全、繁栄の礎であると述べた(2 +先月6日、外相と国防相の会談2回)。 私たちはこの点を再確認し、インド太平洋地域と自由で開かれた世界に対する私たちの共通のコミットメントを強調しました。

朝鮮半島に関連する問題に加えて、双方はまた、ウクライナの問題とロシアがさらなる軍事的または他の攻撃的な行動をとることを防ぐ必要性について議論した。

ウェンディ・シャーマン国務副長官はまた、北朝鮮問題への対策について話し合うために、韓国のチェ・ジョングン第一副大臣と日本の森武雄副大臣と電話会議を行った。

プライスによれば、シャーマン副長官は、北朝鮮の弾道ミサイル発射の増加を国連安保理決議の違反および地域の不安定化として非難し、朝鮮半島の完全な非核化を達成するための継続的な努力について話し合った。

[프라이스 대변인] シャーマン副長官は、北朝鮮による最近の弾道ミサイル発射の増加を国連安保理決議の違反および地域の不安定化として非難し、朝鮮半島の完全な非核化を達成するための継続的な努力について話し合った。 副書記は、具体的な進歩を遂げるために、北朝鮮との真剣かつ持続的な外交に従事する米国の継続的な準備を強調した。

シャーマンはまた、米国が具体的な進歩を遂げるために北朝鮮との真剣かつ持続的な外交に従事する準備ができていることを強調した。

同日、プライス報道官は、3人の外相もまた、緊急の地域的および世界的課題に取り組むために、米国、韓国、日本の間の三国協力の重要性を再確認したと述べた。

米国、韓国、日本の高官は最近、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する懸念と非難の声明を発表し、迅速かつ共同で対応する意欲を示した。

特に、北朝鮮が弾道ミサイルを発射するときはいつでも、米国、韓国、日本の主要な核代表は、対抗策を議論するために三国間または二国間電話協議を行ってきた。

先月の29〜30日、北朝鮮国務省特別代表のソン・キム氏は、日本の外務省船越武弘アジア海洋局長および朝鮮半島和平関係本部と電話で協議した。外務省はそれぞれ29日と30日、北朝鮮の連続弾道ミサイル発射を非難した。

さらに、韓国外交部は30日、北朝鮮の韓国と日本からの主要な核代表が、北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射の個別の有線協議と共有評価を行ったと発表した。

さらに、ブリンカーン国務長官は14日、鄭義溶韓国外交部長官と電話で協議し、18日、シャーマン国務副長官は崔副大臣との電話で北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難した。

VOANewsのJihaHamです。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。