ブルーハウス:政治:ニュース:ハンギョレモバイル

青瓦台の朴スヒョン大統領府政務長官が19日、文在寅大統領の訪日中止を発表。

23日に東京オリンピックが開かれる予定だった日韓首脳会談は中止された。 文在寅大統領が日韓関係の悪化を逆転させる絶好の機会と見た首脳会談が通過するにつれ、両国が任期中に回復することを期待することはさらに困難になっている。 青瓦台は19日、文在寅大統領が4日後に始まる東京オリンピックをきっかけに、日本を一回も訪問しないことを決定したと発表した。 朴スヒョン広報部長は、「両国政府は、韓国と日本の首脳会談の可能性を念頭に置いて、歴史的問題の進展と両国間の将来志向の協力の方向性について有意義な議論を行った。東京オリンピックの際、友好的な雰囲気の中で開催され、かなりの理解があったものの、首脳会談の結果を考えるにはまだ十分ではなく、この決定は他のすべての状況を包括的に考慮した」と述べた。 。 文在寅大統領は、日本政府の日本の輸出制限解除の要請が受け入れられなかったためか、ついに日本に行かないことを決定した。 ブルーハウスは7日、「日韓首脳会談とその結果が予測可能であれば、訪日問題を修正できる」と発表した。 文在寅大統領は、東京オリンピックの開会式に出席し、菅義偉首相と「簡単な会談」を行うだけでは克服できず、現在の問題について徹底的かつ前向きな議論を行うべきであるという立場でした。輸出規制などの国。 しかし、日本のメディアが両国間の綱引きの中で日韓首脳会談を開催する可能性を報道したため、ブルーハウスは日本政府を「メディアゲーム」と見なし、悪い雰囲気を作り出した。 ブルーハウスの主要幹部は11日、「最近のマスコミ報道を見ると、(日本は)オリンピックへの参加や日韓関係の改善を政治的に利用している印象があるので、注意深く見守っている」と述べた。 また、韓国の日本大使館の高官が文在寅を狙った「発言」をしましたが、これも決定的な打撃でした。 ブルーハウスは、発言した相馬博久将軍の解任など、具体的な措置をとることを期待していたが、朝、「在任期間などを考慮して、加藤勝信氏」と述べた。定期記者会見で「外交官としての発言が不十分だったのは非常に残念だ」と述べたが、職員の当面の措置についてはコメントしなかった。東京オリンピックは世界中の人々の平和の祭典であるため、日本が安全かつ成功裏にオリンピックを主催することを願っています。」と彼は続けた。何年にもわたって、元気になり、元気に帰国するために蓄積してきました。」記者のリー・ワン・ワン i@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。