ブルーハウス:政治:ニュース:ハンギョレ

日本のメディア報道にもかかわらず「23のサミット、相馬は解雇された」
日本政府は相馬の解任をまだ「検討」している
韓国「輸出制限を解除し、加藤に対する行動を呼びかける」

東京オリンピックまであと4日ですが、文在寅大統領が来日するかどうかはまだ不明です。 文在寅大統領に対する韓国日本大使館の直前の発言は深刻な悪いニュースとして浮上したようであり、韓国政府が求めていた「パフォーマンス」の議論はまだ完了していなかった。 文在寅大統領の訪日の可能性は、政府内外から減少していると言われているが、遅くとも20日朝まで可能性を維持できる青瓦台が注目されている。 19日、文在寅大統領と菅義偉首相との最初の首脳会談の間、両国間の綱引きが続いた。 日本のメディアは、両国が23日に東京でサミットを開催することに合意したと報じたが、青瓦台は「文在寅大統領の訪問と会談が成功するかどうかは不明である」と述べて拒否した。 ブルーハウスの幹部は同日の朝、書面によるブリーフィングで、「両国は現在協議中であるが、結果はまだ不十分である。そうなるかどうかはわからない」と述べた。 23日、東京オリンピックの開会に伴い、韓日首脳会談の可能性が示唆されたが、文在寅大統領の訪日の結果が不十分である可能性があることから、両国首脳会談を開催することを決定した。国は決めることができません。 韓国政府は、今回の会合が成功すれば、2019年7月に日本が採択した「輸出管理措置の解除」の「成果」と未解決の問題についての「対話による議論」の立場が必要であるとの見方をしている。 。日本が要求していることは、日本に受け継がれていることが知られています。 「ぎりぎりに浮かび上がった会議の障害」とは、文在寅日本大使館総長の相馬博久氏の性的な発言を指しているようだ。 韓国政府は、相馬公社の返還などの具体的な措置が日本側で必要であるとの見解を示している。 この点で、日本政府は、即時のコメントを避けて、繰り返し後悔を表明してきました。 加藤勝信官房長官は同日の朝の定例記者会見で、「相馬に関するいかなる状況や状況においても、政府が外交官として非常に不十分な発言をしたことは非常に遺憾である」と述べた。 相馬公社の解任問題については、「人事については、外務大臣が在韓日本大使館の任務等を考慮し、適切な観点から決定する」と付け加えた。 それはまだ検討中であることを意味すると解釈されます。 以前、日本は、韓国と日本政府が23日に月大統領と菅首相との​​最初の対面サミットを開催することに合意し、日本政府は性的表現を使用して観察を行うために相馬大臣を解任する予定であると発表しましたムーン大統領をターゲットにする。 今朝のブルーハウスのパク・スヒョン大統領府政務長官は、今朝の「キム・ヒョンジョンのニュースショー」のインタビューで、「まだ何も確認されていない」と述べた。 受け入れられない」と述べた。しかし、東京オリンピックでの日韓首脳会談の可能性はまだ残っている。大統領は世論と国会の見解に精通している」と述べた。朴氏は、「しかし、大統領は、大韓民国の国益のために大統領の進路は異なるべきだという信念を持っていた」と述べた。 「さらに、求められたとき:」日本が相馬大臣を解任し、首脳会談の結果について声明を出すことができる範囲で自らを調整するならば、それは次のように仮定することができる。その時に日本を訪れることができるだろうか?」と彼は答えた。イ・ワン、キム・ジウン、キム・ソヨン、スタッフレポーターwani@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。