プルムオーネは日本で豆腐バーの累計売上高が1000万を超えています

[이데일리 백주아 기자] プルムウォン(017810)は10日、日本の子会社である朝彦が発売した植物由来たんぱく質製品の豆腐バーが、1年余りで累計販売台数1,000万台を超えたと発表した。

▲プルムオーネ豆腐バー。 (写真=プルムオーネ)

トフバは、2020年11月に日本支社のプルムオネ朝彦が最初に導入した植物由来タンパク質食品です。発売直後は着実な上昇傾向を示し、潜在力を示しています。 発売から4ヶ月後の昨年3月の累計販売台数は300万台を超え、地元で人気の商品としての地位を確立しました。

朝彦は、トフバの人気のおかげで追加の製品を発売することでその範囲を拡大することにより、消費者の需要に応えてきました。 その結果、今年1月の累計売上高は1,000万台を簡単に超えました。 コンビニエンスストアのセブン-イレブンは、発足以来関東地方限定で販売してきましたが、その成果を上げています。

日本のメディアもトフバの成功に大きな関心を示しています。 テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネス」が主導権を握り、トフバの累計販売台数が1,000万台を超えたと報じた。 メディアは、朝彦がトフバの生産ラインを拡大し、より多くの消費者がトフバを楽しめるようにしたと説明した。

以前、月刊ビジネス誌のトップである日経トレンドは、昨年閉店した「2021年のベストヒット商品コンビニエンスストア大賞」にトフバを選んでいました。

▲プルムオーネ豆腐バー。 (写真=プルムオーネ)

朝彦は、生産ラインを2つの現地製造施設に拡張し、以前の約2倍の量を供給できるようにすることで、興行収入をさらに加速させる予定です。 今月初めから、セブン&アイ・ホールディングスグループのチェーン全体であるセブン-イレブンが「セブンプレミアム」として全国で販売され、今月半ばにはこれらの提携スーパーであるイトーヨーカ堂への販売拡大が見込まれます。とヨクマート。

とふばは、100gあたり約14.7gのたんぱく質を含む植物由来たんぱく質食品で、日本でも満腹感のあるヘルシースナックとしての地位を確立しています。

朝彦は、海苔と鰹節をトッピングした「わふだし」と、ピーマンと杉を使った「柚子胡椒」の2種類を発売することで人気を博しました。 昨年9月には、大豆と椎茸の原料を加えて歯ごたえのある食感を向上させる「枝豆ひじき」を追加し、計3種類のフォーメーションを作りました。

豆乳の濃度、にがりの量、製造工程の途中で時間を調整することで、豆腐バーは通常の豆腐よりもはるかに丈夫になります。 このように作られた豆腐バーは、サラダチキンバー(日本でたんぱく質スナックとして最初に人気を博した製品)に似た食感で、たんぱく質を効率的に摂取できるため人気が高まっています。 特に、朝食の代用品、運動後のタンパク質摂取量、または健康的なおやつとして、特に30代と50代の男性に広く利用できます。

池田朝彦マーケティングディレクターは、「これまで豆腐は60歳以上の高齢者が主に楽しんでいましたが、豆腐の成功により、若者でも豆腐を楽しむことができるようになりました」と述べました。 そうするつもりです」と池田晃彦は語った。

日本で最初に人気を博した豆腐バーは、昨年、世界的なクロスマーケティングを通じて韓国で「高タンパク豆腐バー」という名前で発売され、植物由来のプロテインミールやスナックの代替品としての認知度を高めています。健康管理がしやすい。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。