プレキル「世界をとらえるグループになりたい」 [일문일답]

FNC JAPANデビューサバイバルオーディション放送「WhoisPrincess?」で激しい競争の末に選ばれた5人組の日本人ガールグループPRIKILがシングル「SOMEBODY」でデビュー。


[PRIKIL 멤버들과 FNC JAPAN 정춘선 대표의 일문 일답 전문이다]

Q1。 メンバーごとに、おもしろいポイントを一緒に提示してください。
・高音が魅力的なリードシンガー兼リーダーの凛子です。 (凛子)・心を魅了するチャーミングな歌手・ムードクリエーターのうたです。 (UTA)・グラフィックを扱うメインダンサーで、魅力的なダンススタイル。 (ナナ)・これは頭脳のリンで、美しいダンスと力強い声を持っています。 (RIN)・私は生まれてからアイドルで魅力的なダンサーである愛嬌を担当する雪乃です(YUKINO)

Q2。 長いサバイバルオーディションを経て、デビューを迎えようとしている今、どのように感じていますか?
・毎日デビューしているような気がします。 これからは、私たち5人が協力して、プロフェッショナルであり、PRIKILとして素晴らしい方法で働くという認識と責任を引き継ぐことができるようになります! (AHU)

Q3。 サバイバルオーディションプログラムを開始する前とデビューする直前に、気分や決意に違いはありますか? もしあれば、違いは何ですか?
・サバイバルオーディションが始まる前は、デビューしたいという気持ちと期待で胸がドキドキしていましたが、デビューが近づいてきて、みんなに愛されるグループになりたいという思いがいっぱいです。プロの考え方で世界中に。 (RIN)

Q4。 タイトル曲やデビューアルバムのおすすめポイントを教えてください。
・タイトル曲「SOMEBODY」は、War oftheStarsの作曲家がPRIKILのイメージを念頭に置いて制作したものです。 「これからは、誰にでもなれます!なりたい人になれます!どこにでも行けます!」という前向きなメッセージが込められています。 放送が終わったばかりで、スクエアワンになっているので、「もっと頑張って、理想の姿になりましょう!」という気持ちで録音しました。 たくさんのご意見をお待ちしております。 (ナナ)

Q5。 ミュージックビデオとジャケットの映像は韓国で撮影されたと聞きました。 撮影中のエピソードについて教えてください。
・1枚目のジャケットの撮影に不安がありましたが、メンバー同士で応援し合い、いい結末でした! そして、FTISLANDの先輩イ・ジェジンがおやつを持って応援してくれて、実際に見守ってくれて良かったと言ってくれたので、もっといい映画になることを期待して撮影を始められたと思います。 (凛子)・初めてのミュージックビデオだったので、もちろん撮影中は嬉しかったです。 ミュージックビデオの撮影現場にフードトラックがやってくると言われたので待ちきれませんでした! 実は、朝はつばで韓国のさつま揚げを食べて、ランチとディナーに韓国のおかずやスープを添えるのは楽しかったです。 また、韓国語でおばさんに挨拶しました。「本当に美味しかったです!よく食べました!」 (ナナ)

Q6。 (ミュージックビデオで)メンバーと一緒に仕事をするのは初めてでしたが、チームの雰囲気はどうですか?
・年齢差が少ないので、いつでもどこでも5人で楽しく過ごせ、一緒に過ごせるので、だんだん家族になっていく気がします。 ミュージックビデオを撮りながら、みんなで集まって表情を話し合ったり、美味しい韓国料理を食べたりして、さらに力強くなりました! (凛子)

Q7。 このアルバムのどの部分にもっと注目しましたか?
・ダンスだけでなく、レコーディング中の表現も考え抜かれて、爆発的なエネルギーを表現し、キュートでキュートな女の子に押しつぶすことができます! (雪ノ)

Q8。 サバイバルオーディションプログラムの撮影で最も印象に残ったシーンとその理由を教えてください。
・準決勝ミッションです。 リーダー役を務めるのは初めてで、リーダーの責任を感じ、難しい部分もたくさんありましたが、なんとか大きく成長しました。 そして、ミッション4でチャレンジャーチームになったとき、「次回は間違いなくプリンセスチームになります」と言った。 私が言ったように、私はプリンセスチームに行くことができて安心しました。 (RIN)

Q9。 人気を実感させたエピソードはありましたか?
・日本テレビの「秀一」にライブ出演した日、PRIKILは日本のツイッタートレンドチャートに登場! スタッフから聞いた時は信じられず嬉しかったです! (AHU)

Q10。 どんなグループになりたいですか?
・PRIKILの名前が示すように、クールでキュートな世界を捉えるグループになりたい! (雪ノ)

Q11。 あなたはたくさんの興味を持ってデビューしました。 デビュー後に最も達成したいマイルストーンや目標を教えてください。
・今、かっこいいガールズグループの長老たちが色んな活動をしているのを見るのは、ただ立派です。 韓国の歌手が欲しくて歌手を目指したのと同じように、私たちの歌や踊りを見て、PRIKILのような歌手になりたいと人々に感じてもらうために、最高の女性グループになることを目指しています。 (凛子)

Q12。 「PRIKIL」としてデビューしてからどうしたいのか、デビューを待っていたファンや観客に何か言ってください。
・本当に大きな夢ですが、いつか全国ツアーをしたいです。 今後も5人でファンを愛していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。 (凛子)・ファンとの打ち合わせをしたい。 応援してくださった皆様に感謝申し上げます! 今後もさらに成長していきますので、キュートでキュートなPRIKILにたくさんの愛を込めてください。 (雪ノ)

FNCJAPAN代表からの質問Q1。 放送前の番組が注目されると思いましたか?
現在、K-POPだけでなく、ドラマや映画など多くの韓国のサブカルチャーが日本に流れ込んでいます。 そのうちの一つは、人気のアイドルを発見するサバイバルオーディションショーです。 近年、日本の有名人がオーディション放送に参加するために韓国に移り、毎年日本で独立した韓国式オーディションが開催されるまで市場は成長し、K-POPに興味のない視聴者の注目を集めています。 そんな中、FNC JAPANの番組が注目されることを期待していましたが、放送終了後も注目を集めて良かったです。

Q2。 存在する他の女の子のグループとは一線を画すPRIKILのユニークな武器は何ですか?
10代後半から20代前半の女の子のグループはたくさんありますが、PRIKILの最大の魅力は平均年齢が14歳であることです。 10年か20年で明るい未来があるということは、どんな挑戦も可能であり、PRIKILならではの強力な武器になると思います。 さらに、優れた性能を発揮することも見逃せません。 多くのメンバーが子供の頃からK-POPを賞賛し、ダンスを学び始めました。 素晴らしくてかわいいが素晴らしい解釈、私はこの「二重性」がPRIKILの大きな魅力であることを誇りに思っています。

Q3。 デビュープログラムを発表したPRIKILの今後の予定はありますか?
5月にデビューし、4月にデビューする前から、日本国内のいくつかの大規模イベントに出演します。 日本テレビなどのテレビ番組にも出演が見込まれており、雑誌やウェブメディアからの取材依頼が寄せられています。 また、ファンと直接会う機会を積極的に創出していきます。 『Who is Princess』は世界20カ国で放送されており、外国人ファンの支持と引き換えに外国語版の公開を検討しています。 2022年には、PRIKILの名前が国内外で知られるように積極的なプロモーションを準備しています。

Q4。 最後に、お話ししたいと思います。
K-POPのジャンルは、韓国以外の世界の音楽市場でのジャンルの地位を確固たるものにしているだけではありません。 PRIKILを通じて、世界で2番目に大きな音楽市場と呼ばれる日本市場にローカライズされたK-POPジャンルで新しいトレンドを創造するという野心を示したいと思います。 K-DRAMAやK-POPが日本だけでなく世界中で愛されるようになったのは、より良いコンテンツを作るための絶え間ない挑戦と努力の結果だと思います。 ワンショット本塁打で運を期待するのではなく、親しみやすさを捨てて平均打率と新たな挑戦を恐れない態度を上げるために絶え間ない努力が必要です。 数年後、PRIKILのようなバンドを含むKコンテンツが主流になる世界を夢見ています。 スタートラインにあるPRIKILの今後の活動に心からのご関心とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

Jungmin Yoo/FNCエンターテインメントの写真提供

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。