ユニフォーム大会は冬季オリンピックと同じくらい暑かった…1列目、2段目

画像の説明オランダチームのイレーヌバストがスタートラインでスタートの合図を待っている [사진 출처 = 연합뉴스]

スポーツブランドの中で、2022年北京冬季オリンピックの特別なメリットを享受した会場はどれですか。

中国のスポーツ経済メディアであるスポーツマネーによると、20日には「スポーツブランド価値リスト」という独自のコラムを通じて、大会でメダルを獲得したユニフォームブランドがカウントされ、リリースされた。

大会15日目から現地時間18日現在、メダルを獲得した選手が最も着用しているユニフォームのブランドは、国営企業が買収した「FILA」でした。 アイススケートの大国であるオランダのオリンピックチームの公式スポンサーであるFILAは、大会開始以来1位を維持しています。

2位と3位に続いて、それぞれ日本のブランド「デサント」と「フェニックス」が続きました。 アディダスは4位にランクインし、5位で成功を収めました。 ナイキは7位になりました。

スポーツに関しては、ノルウェー、デンマーク、オーストリア、スウェーデンのスピードスケート選手、およびイタリアのアイススケート選手(スピードスケートとショートトラック)が競技中にFILAユニフォームを着用しました。 競技15日目に、これらのアスリートは22個の金、14個の銀、13個の銅を含む合計49個のメダルを獲得しました。

FILAは1911年にイタリアのフィラ兄弟によって設立されました。 しかし、2007年に韓国の子会社がグローバルブランドの商業的権利を引き継いだとき、それは「ネイティブ企業」ブランドになりました。

FILAはまた、韓国の全国ボブスレーチームとスケルトンチームを後援しています。 彼は2014年ソチオリンピックで韓国代表チームのユニフォームとアイススケートチームのユニフォームを、2018年平昌冬季オリンピックで韓国カーリングチームのユニフォームを後援しました。

2位のデサントは、これらのオリンピックで、日本の代表チーム、ドイツのボブスレー、スイスのアルペンスキー、カナダのスケートリンク、カナダのスキークロス、スペインのアルペンスキー、日本のアルペンスキーを後援しました。 トーナメントの15日目に、これらのアスリートは18個の金、16個の銀、15個の銅を含む合計49個のメダルを獲得しました。

フェニックスは3位で、ノルウェー代表チームをサポートし、合計37個のメダルを獲得しました。 アディダスは4位で、ドイツ代表チームとドイツバヤスロンチームを後援し、合計32個のメダルを獲得しました。 5位は中国オリンピックチームなどを後援し、合計29個のメダルを獲得した。

国際オリンピック委員会(IOC)は、アスリートのユニフォームへの商標の表示を厳しく制限しています。 チームを後援するブランドのロゴ、または国技や競技会のユニフォームのみが許可されます。

しかし、すべてのスポーツブランドは、世界的なスポーツフェスティバルを機会として、独自のロゴを刻印するために多大な努力を払っています。

スポーツブランドの関係者は、「オリンピックに出場する選手のユニフォームに刻印されたブランドロゴは、スタジアム外でのユニークな競技の一部である。それは、

特に、アスリートのメダルの結果によると、ブランドのパフォーマンス技術を実証する機会としても利用されており、冬季オリンピック終了後もブランド価値の向上に大きな影響を与えると業界は考えています。

[방영덕 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。