ロボット新聞のモバイルモバイルサイト、 [iREX 2022] 日本最大のロボット展「国際ロボット展2022」が9日に開幕





9日、東京ビッグサイト展示ホールで、日本ロボット産業会とイルガン工業新文が共同主催する「2022国際ロボット展(iREX2022)」が開催されました。 国際ロボット展は、2年ごとに開催される日本最大のロボット展で、今年で24回目となります。

今年の国際ロボット展は、「ロボットでつながる人にやさしい社会」をテーマに、12日までの4日間開催されます。

主催者によると、今年のショーには615の企業や組織が参加したという。 キャビンの合計サイズは3227キャビンです。 2019年の展示会には637社が参加し、3060台のスタンドを管理しました。 参加企業数はやや減少しましたが、展示会の規模は大きくなりました。

海外では、韓国、台湾、フランス、ドイツ、イタリア、米国、スイス、スウェーデン、オランダ、ノルウェーを含む15か国から49社が、228のスタンドに製品を展示しました。

展示会はビッグサイト展示ホール、東のホール1から8、西のホール3と4で開催されます。 展示ホールは、来場者を収容するために、産業用ロボットゾーン、サービスロボットゾーン、「部品供給機器ゾーン」、「マテハンロボットゾーン」、「特別展示ゾーン」に分かれています。

今年の展示会「iREXOnline」では、国内外のロボティストとコロナ感染の懸念から来場を控えている方を対象に、オンライン展示会を開催します。 オンライン展示会は今月1日から18日まで開催されます。オフライン展示会とのハイブリッド方式で行われ、オフラインイベントとは別にウェビナーやレクチャーなどのプログラムが用意されています。

この展示会では、自動車および半導体産業用ロボット、コロナ応答ロボット、協調ロボット、DXおよびデジタルツインソリューション、ケアロボット、インフラストラクチャ検査および災害応答ロボット、食品技術ロボット、スマート農業ロボットなどのさまざまなロボットが紹介されました。 NEDOはこの展示会で新開発のロボットとドローンを紹介し、農業食品農村省はインテリジェント農業ロボットの技術を紹介します。 2021年に開催された「ワールドロボットサミット(WRS)」プロジェクトのエリアでは、「ワールドロボットチャレンジ」の優勝チームが展示されます。

西ホール3、4では一般来場者向けの体験スペース「製造国際ロボット展」を開催し、最新のモビリティや複数のロボット競技会のロードテスト体験を行います。

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。