一度も勝ったことはありません…日本、歴史的文書で説明されている「死の組」:ネイトニュース


[스포츠조선 김가을 기자]日本は本当に「死の組」に属していました。

森保一監督率いる日本代表は、2022年カタールワールドカップのグループステージで、グループEでプレーオフ優勝者のスペイン、ドイツ、中米・オセアニアと対戦する。

グループの結成を受け入れた地元の日本のメディアは、自分たちを「死のグループ」と呼び、ため息をついた。 日本のメディア日刊スポーツは、「日本は死の組と呼べるような難しい集団の一員になっている」と報じた。

理由があります。 一皿のスペインは、南アフリカで開催された2010ワールドカップの優勝者です。 彼は現在、FIFAランキングで7位です。 ルイス・エンリケがマネージャーに就任した後、世代交代が明らかになったと推定されています。 ダニ・オルモ(24、ライプツィヒ)、フェラン・トーレス(22)、ペドリ(20)、パブロ・ガビ(18、FCバルセロナ)のような若者たちが、ヨーロッパ予選のグループBを1位でリードしています(6勝、1引き分け、1敗、19ポイント) ) 忙しい

2ドアのチームであるドイツは、ワールドカップで4回優勝した伝統的な大国です。 彼はまた、それぞれ4回2位と3位でした。 しかし、2018年のロシア大会では、グループステージで韓国にノックアウトされました。 しかし、その後、ハンジフリックの管理体制に再編され、順調に進んでいます。 彼らは10のヨーロッパ予選で36ゴールを記録し、グループJで9勝1敗(27ポイント)で1位に終わりました。 最も重要なことは、フリックがマネージャーに就任して以来、ドイツはAの9試合(W8、D1)で無敗を維持していることです。

歴史的記録も良くありません。 日本のテレビ東京からの報告によると、日本は一度スペインに直面し、敗北を記録しました。 ドイツに対して、彼らは1回の引き分けと1回の敗北しかありません。

日本が楽しみにしているのは、中米・オセアニアのプレーオフの勝者との試合です。 コスタリカまたはニュージーランドと衝突します。 コスタリカはFIFAランキングで31位にランクされています。 日本はコスタリカに対して3勝1引き分けを記録し、ニュージーランドはFIFAランキングで101位にランクされています。 日本は過去5試合で3勝2敗を記録しました。

一方、日本のメディアデイリースポーツの報道によると、森保一監督はグループ分けの結果、「ワールドカップに出場するチームはすべて強いと思う。良い相手と心を込めて戦い、世界に挑戦できる」と語った。準々決勝以上を目指す変化する。」「彼は言った。 ワールドカップでの日本の最高のパフォーマンスは2002年、2010年、2018年で、16ラウンドに達しました。

ジャーナリストのGaeulKimepi17@sportschosun.com

▶今日の星占いは無料です

-著作権ⓒ スポーツ朝鮮(http://sports.chosun.com/)複製および再配布は禁止されています

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。