中国は米国を破り、日本で10位、韓国で12位の科学紙品質競争で世界第1位になりました:Dong-A Science

日本政府研究所の分析…2018年、米国の「注目すべき論文」のシェアの24.8%>米国の22.9%

日本政府研究所の分析…2018年、米国の「注目すべき論文」のシェアの24.8%>米国の22.9%

日本の政府系研究機関は、自然科学研究の質の点で中国が米国を上回っていると分析しました。

研究の質の低下が続いているため、日本はほとんど「トップ10」に入ることができず、韓国は世界のトップ12にランクインしました。

文部科学省科学技術学術政策研究所は、英国特許学術情報学会「Clarivate」のデータをもとに、2008年の主要国の論文数を算出しました。 (平均2007-2009)および2018(2017-2019)。平均に基づく分析結果)は10日に公開されました。

この分析によると、上位10%の研究者が引用しているいわゆる「注目すべき論文」の数では、中国は2018年に4,219を記録し、37,124で初めて米国を上回りました。

6月17日に中国の珠泉省にある珠泉衛星打ち上げセンターから打ち上げられ、宇宙ステーションの中央モジュールである天和に到着し、敬礼する神舟12号宇宙船に乗った3人の宇宙飛行士の姿は、北京宇宙の大規模なものです。コントロールセンター(BACC)が画面に反映されます。 [신화=연합뉴스 자료사진]

米国では、10年間でわずか3%の増加でしたが、これは中国での約5.1倍の急増の結果です。

2008年の主要新聞総数で2番目だった中国のシェアは7.6%から24.8%に跳ね上がり、首位に立ったが、米国はその影響力が34.9%から22.9%に減少したため、2位に押し上げられた。

新聞の上位1%にランクインしている「トップペーパー」の分野では、2018年に中国のシェアは25%に達し、米国のレベル(27.2%)に近づいています。

これに対し、文部科学省と学術政策研究所の関係者は、日経新聞によると、中国は米国に追いついていると述べた。

重要な文書のセクター別シェアを見ると、中国の進歩は目覚ましいものがあります。

8つのセクターの中で、中国は材料科学で48.4%のシェアを占め、米国(14.6%)を上回り、化学(39.1%、米国14.3%)とエンジニアリング(米国14.3%)を含む5つの分野で中国をリードしました。 37.3%、米国10.9%)。

米国はバイオ分野での競争力において優れており、臨床医学(34.5%)と基礎生命科学(26.9%)で中国をリードしています。

日経は、科学論文の数が国の研究開発活動の基本的な指標であると分析し、中国が主に競争力に直接関係する分野での学術研究の量と質の面で能力を向上させていることは明らかです。

聯合ニュース提供

文部科学省庁舎。 [연합뉴스 자료사진]

昨年の新聞の総数を集計すると、中国は米国に大きく遅れをとって335,174紙を記録しました(285,717文書)。

一方、日本は紙の質と量の両方で最低にランクされました。

主要新聞のランキングでは、日本は米国(34.9%)、中国(7.6%)、英国(7.0%)、ドイツ(6.0%)に次ぐ5位で、2008年には4、3%でしたが、10年後の2018年には2.3%に上昇し、市場シェアが低下したため10位に低下しました。

韓国は2018年に2.1%の市場シェアで12位にランクされました。

日経は、韓国、ドイツ、フランス、英国、米国、中国の研究論文が増えているが、日本はまだ立ち止まっていると述べた。

この論文は、中国の研究論文の量と質の両方の増加の背後にある圧倒的な数の研究者がいると報告しました。

◇「注目文書」のランキング(研究者の引用より10%高い)

良いニュース

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。