今日カンヌで初演された待望の「ブローカー」(26)…韓国の競争はなんとかダブルワーミーを得ることができますか?

カンヌ映画祭は、最初から最後まで、韓国映画の存在感が際立つ場所です。

第75回カンヌ映画祭(以下、カンヌ映画祭)で公開される最新の韓国映画「是枝裕和監督」は、19:00(現地時間)にグランドシアタールミエールで世界初公開されます。 26日の終わりが初めて明らかになります

今年のカンヌ映画祭のコンペティション部門に「解散の決断(パク・チャヌク監督)」とともに正式に招待された「ブローカー」は、関係者の思いがけない特別な旅を描いた映画です。 。 是枝裕和監督は、韓国のクルーと俳優が韓国で撮影した韓国映画で、制作段階から話題になっています。 カーンのお気に入りの監督であるカーンは、驚くことなく映画の最初のフェーズでした。

特に、今年のコンペティションに招待された韓国映画の特徴は、「グレートアジアンインテグレーション」という表現が適切であるということです。 中国の俳優タン・ウェイが「解散の決定」で主導権を握り、「ブローカー」の監督は日本人です。 映画の国籍は間違いなく韓国です。 これらは、韓国映画を超えたKコンテンツへの注目のレベルが前例のない今年のカンヌ映画祭でアジアを代表する韓国映画の地位をさらに高める2つの映画です。

「ブローカー」としてカンヌ映画祭を訪れる俳優たちも面白いです。 ソン・ガンホのカーン訪問はこれで7回目。 第72回カンヌ映画祭で「パラサイト」のポン・ジュノ監督とパルムドールを受賞したソン・ガンホは、昨年非競争部門に招待された「緊急宣言」の主演俳優であり、彼は裁判官として実質的に毎年カンヌを訪問します。 「ザ・バット」でカンヌの舞台に立ったパク・チャヌク監督と誠意を持って競い始めました。 興味深いリンクK。

カンヌの赤いカーペットを踏むことができなかったカン・ドンウォンがついにカンヌに招待され、映画祭として主演した映画「半島(ヨン・サンホ)」が理由でキャンセルされた。 2020年のパンデミックであるイ・ジウンは、IU歌手女優のイ・ジウンとしてカンヌで初の映画出演を果たし、「公式カンヌセレクション2020」にもノミネートされ、チョンムロのトレンドであるイ・ジュヨンはカンヌを経験しました。

この映画では、ソン・ガンホが、赤ちゃんポストで赤ちゃんを育てるのにふさわしい人物を見つけようとする自称善意のブローカーであるサンヒョンの役割を果たし、魅力的なヒューマニズムを備えた生きた変革を提示します。さらに、イ・ジウンは、キャラクターの設定から、突然ブローカーに同行し始めた母親のソヨンとしての演技まで、もう一度驚かなければなりません。

同時に、ブローカーの旅を執拗に追求するスージン刑事は、是枝裕和監督とペ・ドゥナとの2回目のコラボレーションに参加し、ベビーボックスの旅に新たなひねりを加えたしっかりとした表情を見せます。 スジンを信頼しフォローしているイ・ジュヨン刑事を演じるイ・ジュヨンは、新たな活力に基づいて、少女とペ・ドゥナの相性を披露することが期待されている。

『ブローカー』は、是枝裕和監督が韓国本部と韓国人スタッフとともに制作した作品です。 彼は、オペラのストーリーとキャラクターが場所に関して国の実際の風景と調和することを確認することを最優先事項とし、プレから直接製品を販売することによって会場を選択するために一生懸命働いたと述べました。各スペースの雰囲気を注意深く調べながら、ステージハント。

また、日の出と日の入りの瞬間を待っている間、リアルタイムと時間をキャプチャし、自然光を吸い込む光とビデオを作成し、同時に記録することに焦点を当てて、生き生きとした存在感を維持します。 仲買人と捜査官の旅をたどる車のシーンは、是枝裕和監督の繊細な世界を裏付ける、実車で動く俳優たちをそのまま映し出す裏口と言われています。

映画祭開幕後、市場の注目を集めた「ブローカー」は、公式上映に先駆けて171カ国で先行販売を達成した。 北米のネオン、フランスのメトロポリタン、日本のガガ、ドイツとイタリアのコッホフィルム、スカンジナビアのトライアートフィルム、ベネルクスの3か国の9月のフィルム、香港とマカオのエドコ、北米のネオンは「パラサイト」、オーストラリア、マカオらによって確認されたニュージーランドの購入。

初上映の大山を越え、国内外のメディアや外国関係者から絶大な評価を受けた「解散の決断」の後、「ブローカー」は、日本人のカメラで撮影された韓国映画のように興奮し続けます。監督が完成する26日の夜、世界中の映画製作者は「ブローカー」だけに焦点を当てます。

カンヌ(フランス)=レポーターJo Yeon-kyung、エンターテインメントニュースチームcho.yeongyeong@jtbc.co.kr(コンテンツ本部)

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。