何千もの放棄されたインコ、野生動物の問題

◀もう一度▶

今日では、彼らはペットではなく、ペットと呼ばれています。

ますます多くの人々が動物を家族の一員と見なし、認識の変化とともに、言葉は同じ意味で使用されています。

しかし、路上に捨てられている動物はたくさんいます。

日本では、捨てられた動物が都市に定住するにつれて、ひどい頭痛の種になりつつあります。

東京の特派員コ・ヒョンスン。

◀レポート▶

東京都心の住宅街にある小さな公園。

何百羽もの鳥が群れと咆哮で吠えます。

大きな木を操り、送電線に一列に並んでいるかのように集まったこの鳥は、体色が緑色でくちばしが真っ赤なペットのインコです。

太陽が沈むにつれて、インコの数が増え始め、各木に数十、数百のインコが集まっているのを見ることができます。

彼らは家の裏庭に植えられた柿の木に群がって食べ、その下には鳥の糞で覆われていることがよくあります。

それは住民にとって大きな頭痛の種です。

[히라사와 가즈히코/피해 주민]
「悲鳴は大きく、うんちがたくさんあり、それがたくさんあると、私は怖くて怖くなります。」

かつてはペットとして人気がありましたが、人気が薄れる中、捨てられて定住し、現在、東京などの首都圏に約1,700人が住んでいます。

[마츠나가 사토미/일본조류보호연맹 연구원]
「少し寒いところに住むことができるタイプなので、東京で越冬することができ、東京の環境はインコにとても適していました。」

かわいい漫画のキャラクターが人気を博したときに紹介された「アメリカのタヌキ」も同様です。

彼らが最初に日本に定住したとき、彼らは最大で数万羽の鳥を繁殖させ、東京だけで年間数百羽を捕まえています。

「私はあなたをパトカーに連れて行きます。それは危険です。それは危険です…」

横浜では、ペットとして飼われていた長さ3.5メートルの大きなパイソンを見逃し、街全体が揺れました。

警察や消防士を含む数十人が毎日この地域を襲撃し、さまざまな場所にネズミ捕りを設置しましたが、最終的には17日で住んでいた家の軒下で発見されました。

[요코하마 시민]
「心配です。草のあるところに一人で行かないように言いました。」

さらに、絶滅危惧種などの希少動物や、楽しみのために飼育されているペットなどの攻撃的な動物は、絶えず在来の生態系を乱し、日常生活を脅かしています。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:Jangsik Lee、Jinho Kim(東京)/出典:TikTok(@mechamorimori)

MBCニュースは24時間あなたの報告を楽しみにしています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。