保坂祐二「なぜ今、旭日旗がYouTubeで飛んでいるの?」

■放送:CBSラジオFM 98.1(07:20〜09:00)
■進捗状況:ホストのキム・ヒョンジョン
■会話:保坂祐二(世宗大学教養学部教授)


これはグローバルなビデオプラットフォームです。 日本の帝国主義の象徴である旭日旗を宣伝する韓国の広告ビデオがYouTubeに登場し、物議を醸した。 ビデオの一部のみをお見せします。

「旭日旗は日本の文化の一部です。何百年もの間受け継がれてきた伝統文化は今日に受け継がれています。」

◇キム・ヒョンジュン>旭日旗の起源と日本文化の背景を韓国語のナレーションと字幕で説明した、2分間のコマーシャルです。 これは韓国人が見るYouTubeビデオで宣伝されています。 なぜ日本政府は突然YouTubeにお金を払って、韓国人についてこのような広告を出し始めたのですか? こんにちは保坂祐二教授。

◆保坂祐二>はい、お元気ですか?

◇キム・ヒョンジョン> YouTubeでこの広告に出くわすことはあまりありませんが、いつ始まったのですか?

◆保坂祐二>昨年10月に外務省が行ったことがあります。

◇キム・ヒョンジョン>外務省が作ったカニ。

YouTubeで宣伝されている日本の日出ずる旗のビデオ◆保坂祐二>外務省が通常の動画にしたので、次にいつアップロードされるかはわかりませんが、早くアップロードされたと思います。 広告としても。

◇キム・ヒョンジョン>こんな風に韓国語だけで作ったの?

◆保坂祐二>いいえ。英語、中国語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、その他10か国語で作られています。

◇キム・ヒョンジョン>多くの国の言語で。

◆保坂祐二>そのように発表されたかどうかはまだ確認されていません。 たぶん英語版がリリースされました。 そして、日本でも日本人が先に見なければならないので、影響の少ない言語で送られたのかもしれません。 ですから、今は少し贅沢です。

◇キム・ヒョンジョン>2分間のコンテンツは全部再生しません。 しかし、プロットの概要を簡単に説明するために、これがすべてです。 「旭日旗は、太陽を太陽旗として象徴しています。」 「それは何百年もの間日本で受け継がれてきた伝統文化です。」 ‘漁師の豊富さを告げる旗。 季節の休日の旗のように、日常生活の中でよく見ることができます。 「それは世界中の多くの国で広く使われています。」 そうすることで、彼が戦争犯罪者として使用されたという歴史的事実は省略されました。

◆保坂祐二>はい。はい。

◇キム・ヒョンジョン>この2分間のコンテンツで強調されているメッセージは何だと思いますか?

◆保坂祐二>戦争犯罪者ではありません。 まず第一に、それだけです。 世界中で広く使用されており、古くから日本で使用されているため、今ではスポーツイベントにも問題なく使用できます。 それがおそらくあなたの言っていることだと思います。 具体的には、日本では昨年、オリンピックで使いたい東京オリンピックがあったそうですね。

◇キム・ヒョンジョン>はい。

◆保坂祐二>当時の話でした。 しかし、パンデミックのため、ファンチーム自体は東京オリンピックに参加できませんでした。 スタジアムで。 しかし、その後もオリンピックが残っており、主要なサッカーの試合やワールドカップに利用したいので、広告として直接輸出し始めました。 確かに、独島と東海では、外務省がさまざまな言語で動画を作成し、YouTubeにアップロードしました。 これは5年以上前のことです。 ただし、広告としては、そのようなビデオとしてエクスポートされませんでした。

◇キム・ヒョンジョン>そうですね。 右。

◆保坂祐二>ちなみに、YouTubeに広告として昇る太陽だけが送られているということ自体が、グーグルや韓国政府の適切な組織が抗議すべき状況だ。

◇キム・ヒョンジョン>少し違う部分です。 さて、保坂祐二教授がよく指摘したように、そのようなプロモーションビデオをYouTubeとあなたのチャンネルにアップロードし、CFとして宣伝するためにお金を払ってください。 それは、あなたがそれをするときにそれをいくつかのビデオに入れて、私たちがそれを見たくないのにそれを見せることとは完全に異なる次元です。

◆保坂祐二>そうですね。

◇キム・ヒョンジョン>でも今はお金を払って宣伝を始めました。

◆保坂祐二>はい。今回はそれがポイントです。 なぜやったのかを考えると、他にも理由があるようです。

◇キム・ヒョンジュン>なに?


◆保坂祐二>日本の自衛隊が旭日旗を使っているのではないですか? タブーなので、日本軍ではないかもしれませんが、自衛隊の旗として使われています。 しかし、このため、自衛隊は朝鮮半島に来ることができません。 現在。 手前からの反発が非常に強かったため、2019年に済州島で予定されていた観測式は当時釜山で行われました。 その時は来られませんでした。 旭日旗をここに置かないように言ったからです。

◇キム・ヒョンジュン>そうだった。

◆保坂祐二>ちなみに、アメリカのチームは今、大腿四頭筋と呼ばれることをしていませんか? 米国、日本、および。

◇キム・ヒョンジョン>オーストラリア。

◆保坂祐二>オーストラリアとインドの軍事協力団体です。 確かに、韓国に参加してもらいたいのは米国側の意図だ。 その時はとにかく一緒に日本に引っ越すしかない。 その場合、旭日旗の反発があれば、朝鮮軍が日韓間やクワッドバイクで様々な行動をとるのは不可能です。 そんなことがあったので、急いで広告を出してこういう動画を作ったせいかもしれません。 もちろん、これは単なる予感です。 これは私に少し考えさせます。

◇キム・ヒョンジョン>韓国人のための旭日旗のイメージアップに取り組んでいます。 保坂祐二教授はこのような作品の宣伝にお金をかけるつもりですが、それでも気分が悪いです。 機嫌が悪いのですが、YouTubeにはこのような戦争犯罪者の使用を禁止するルールはありませんか?

◆保坂祐二>そんなことはありません。 構造的差別または疎外の対象となる可能性のある特性に基づいて特定の個人またはグループの憎悪、差別、または軽蔑を支配するコンテンツは、広告として表示してはなりません。 特に、世界的に認知されていないので、それは昇る太陽だけだと言うこと。

◇キム・ヒョンジョン>そうですね。

◆保坂祐二>日本チームはこのギャップを利用しています。 私はそれをこのように見ることができます。 この点で、最初に、ここで慎重に反論するビデオを作成する必要があります。

◇キム・ヒョンジョン>私たち。

◆保坂祐二>はい、外務省はしませんでした。 独島と東海しかありません。 韓国でも。 論理的には、旭日旗のようなものであれば、反対です。 ただし、旭日旗は正確な形をしています。 この論理的な面では、古くから日本に存在していたものではありません。 1800年代に発明されたので、日本文化ではありません。

◇キム・ヒョンジョン>わかりました。

◆保坂祐二>日本軍は彼を天皇と呼んでいます。

◇キム・ヒョンジョン>残り10秒です。


◆保坂祐二>日本の天皇の模型から旭日旗を作成します。 ですから、当初から軍国主義の匂いであり、日本の天皇のモデルは国家の象徴でした。

◇キム・ヒョンジョン>だから、それらの部分を正確に宣伝するように努力する必要があります、そしてそれはあなたが今言っていることです。


◆保坂祐二>やらなきゃいけない。 その後、天皇から靖国神社に移り、旭日旗になりました。 正確に。

◇キム・ヒョンジョン>教授、これまで聞かなくてはなりません。 今日はありがとう。

◆保坂祐二>はい。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。