元々の「朝鮮半島への自衛隊の介入」であるキム・テヒョの復活

全体像を見てください

容疑者の捜査を受けるため、2017年12月5日朝、ソウル瑞草区のソウル中央地方検事局に元ブルーハウス長官のキム・テヒョ氏が出席している。
Ⓒイ・ヒフン

関連写真を見る

成均館大学教授のキム・テヒョ(元ブルーハウス対外戦略企画責任者)は、大統領移行委員会が15日に発表した移行中のメンバーのリストに、外務安全小委員会のメンバーとして含まれていた。ユン・ソクヨルが大統領に選出された。 李明博政権時代、ブルーハウスの外交・安全保障・防衛部門の第一人者だったキム・テヒョの「復活」は、ユンソク政権の指導力に大きな影響を与えている。 。

キム・テヒョ教授が外務安全保障小委員会の委員に選出された背景について、スポークスパーソンエレクトのキム・ウンヘ氏は、キム・テヒョ教授が「外交の専門家」に選出された背景を評価した。大学や政府で国際政治の博士号を取得し、「強力な軍隊、韓米同盟、北朝鮮による強力な安全保障」を優先し、外交・安全保障を推進した。国益を第一に考えた政策」と述べた。政府と協議を重ね、勤勉と大統領選のユン・ソク大統領の互恵主義に基づく朝鮮民主主義の問題を解決することを私は知っている。ヨルはためらうことなく追求されるだろう」と語った。

記者から「MB時代のキム・テヒョ買収委員会については多くの論争があった」と語ったキム・スポークスマンは、「過去にブルーハウスにいたとき、どんな言葉を言ったのか。 MB? ”

[김태효는 누구인가] 北京マネーバッグ、IT企業解説業務、日韓軍事情報取引

李明博政権の初期段階で2008年にブルーハウスのスタッフに加わり、2012年まで外国戦略秘書兼外国戦略計画担当官を務めたキム・テヒョ教授は、彼が李明博前大統領の「外交・安全保障のカリキュラム講師」と呼ばれる。 当時、彼は防衛産業の強力な人物とも呼ばれ、ブルーハウスと軍隊の間の連絡役を務めたことが知られています。

金総書記は2011年5月、ブルーハウスの対外戦略秘書を務めていたが、北京で南北間の秘密会議を開始したが、北からの強い反対により対話は進まなかった。 当時、北朝鮮は「天安の沈没と延坪島の爆撃に遺憾の意を表明し、南北首脳会談をできるだけ早く開催するために、南は南に一袋のお金を提供した」と明かした。 政府はこれを「ばかげている」として否定しました。

移行委員会のメンバーであるキム・テヒョは、政府と与党を支持するオンラインコメントを投稿するように軍のサイバー司令部のメンバーに依頼し、反対派と政治家を批判したとして非難されました2012年の総選挙と大統領選挙での反対彼は起訴され、最初の裁判で1000万ウォンの罰金を宣告された。 しかし、控訴院では、大統領記録管理法違反の申し立てのみが政治的関与の罪を犯していないことが判明したため、300万ウォンの罰金が停止された。

2012年6月に日韓軍事情報包括協定(GSOMIA)の調印を推進した金委員は、「密室協定」への強い反対に責任を負い、辞任を表明した。

緊急事態における日本の役割と日韓民主同盟の開拓…「精密爆撃はカードだけでは存在できない」

 

全体像を見てください
移行委員会のキム・テヒョとユン・ソクヨルが書いた記事「朝鮮半島の緊急事態における日本の役割」(左、2001年7月の戦略研究で発表)と「韓国の民主的同盟として生まれ変わった」 -日本との関係(右、2006年7月の戦略的研究で発表)。

移行委員会のキム・テヒョとユン・ソクヨルが書いた記事「朝鮮半島の緊急事態における日本の役割」(左、2001年7月の戦略的研究で発表)と「朝鮮と日本の関係の復活民主的な同盟(右、2006年7月の戦略的研究で発表された)。
Ⓒオーマイニュース

関連写真を見る

過去、移行委員のキム・テヒョ氏は、朝鮮半島の緊急事態における自衛隊の介入を当然のことと考え、韓国と日本の間の軍事協力の必要性を強調するいくつかの文書を書いた。

キム教授は2001年と2006年に彼の記事に次のように書いています。 。 (関連記事: 「朝鮮半島の緊急時の自衛隊介入」…キム・テヒョの論文をめぐる論争)。

(戦略研究第22巻)新アジア研究所外務安全保障研究部長在任中に書かれた金教授は、「朝鮮半島でも同様の状況に日本が介入しているのは事実だ。 「平時の北朝鮮に対する抑止力の増大の影響」と彼は言った。

論文の中で、彼は次のように述べた。「北朝鮮の観点から、戦争相手国は、戦争を終結させた2カ国(韓国と米国)から3カ国(韓国、米国、日本)に拡大している。そのため、北朝鮮が韓国を侵略する意図に基づいて行動することは困難である。それは、それが起こらないようにするための強力な抑止力として機能する可能性がある」と語った。

成均館大学校の政治学教授時代に書かれた「日韓関係の民主同盟への復活」(戦略研究第37巻)の中で、「自衛隊の論理は、主権国家は非常に狭い精神を持っているので、彼らの好戦的な力を使うことはできません」。

同氏は、「過去の歴史問題は、日韓協力の安全保障関係を真のパートナーシップに引き上げる上での制約かもしれないが、協力の正当性を損なうような破壊的な機能を果たすことは許されるべきではない。両国間で実質的に起訴されると彼は述べた。

キム教授は、北朝鮮に対する彼の非常に厳しいコメントに注目を集めた。 2005年5月20日、北朝鮮の核専門家との会談で 、彼は言った:「戦争と力の使用だけでは十分ではないという考えは神話と執着です。」 韓国経済の失敗はもっと危険だ」と述べた。

2009年には、日本の右翼政治代表である中曽根康弘前首相によって設立された世界平和研究所(IIPS)から中曽根賞を受賞しました。

「ユン大統領は約束通り選挙を実施することが期待されていた。」

 

全体像を見てください
尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は14日の選挙以来、初めてソウルの南大門市場を訪れ、商人会と会談した。

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は14日の選挙以来、初めてソウルの南大門市場を訪れ、商人会と会談した。
Ⓒ国会の写真財団

関連写真を見る

キム・テヒョ教授の傾向は、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領選の「北朝鮮に対する先制攻撃」、「米韓安全保障協力の強化」、「日本」、「THAADのさらなる展開」に沿ったものである。尹錫淳(ユン)候補に就任した際、北朝鮮の急変などの緊急事態において、日本の自衛隊が朝鮮半島に介入する可能性があるとも述べた。

ユン候補は2月25日、正義党が「韓米軍事同盟は検討中か」と問いかけ、全国選挙委員会主催の法廷討論会を2回開催した。 シム・サンジョン候補からの質問に対し、「日米同盟関係があるからといって、韓国は緊急事態に突入する可能性があるが、それが前提であるとは限らない」と述べた。

元司法党議員のキム・ジョンデ氏は15日、オーマイニュースとの電話で、「キム教授は日韓軍事情報保護協定の当事者だった」と述べ、「ユン大統領は韓国の強化として、米国-日本三角同盟とTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の追加配備。彼は、彼が行っている外交および安全保障政策を実行するのに最も適した人物です。

キム前首相は、「まだ制定されていない新政府の安全保障政策について話すのは時期尚早だ」と述べたが、「現政府の対外政策と安全保障政策に関して、ユン氏に選出された大統領の約束は過激すぎる。変化する。 ” 移行委員会の選出は、ユン大統領が選挙の約束をそのまま守るという前兆だった」と語った。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。