利川市のセラミックソリューションセンターの建設工事が始まります…来年2月に完成予定-京畿道1ニュース

利川市にセラミックソリューションセンターの建設が始まります…来年2月に完成します


-外部に依存する材料、部品、機器業界「競争力を強化し、ローカリゼーションを促進する」-

-敷地面積2,110m2、建築面積2,127m2、地下1階、地上2階の階段-

-SKハイニックスは半導体産業とセラミック産業の協力に焦点を当てました..産業競争力を確保するための基礎を築きました-

[이천=경기1뉴스] 記者ハン・チョルジョン= 利川市は24日、シンドゥンミョンのスグァンリにある韓国陶磁器技術院に「利川市陶磁器ソリューションセンター」建設の起工式を行ったと発表した。

25日の市によると、この日、利川市長、国会議員、県政府が就任式を行った。市議会議員、 このイベントは、韓国セラミック技術研究所の長と関連組織の参加を得て、王冠危機に沿って最小限の規模で開催されました。

利川セラミックソリューションセンターは、2019年の日本の輸出管理措置後、外部に依存する材料/部品/機器業界の競争力とローカリゼーションを強化する方針に従って、半導体プロトタイプ材料および部品を製造するためのテストベッドを拡張するプロジェクトです。地下2階、地上2階建ての2,127平方メートルの建築面積で、来年2月に完成する予定です。

セラミックソリューションセンターは、企業、大学、公的研究機関などの外部組織との有機的な協力体制を確立し、半導体業界に必要なセラミック材料や部品のアイデアから、プロトタイプの製造、テスト分析、目標指向の評価、マーケティング。

このため、利川市と京畿県は88億ウォン(市政府から25億ウォン、市政府から45億ウォン、市区町村から80億ウォン)の建設費を負担した。貿易産業エネルギー省は、2022年までに利川の母材を使用するための設備建設費に282億ウォンを投資する。 ヒーター、静電スピンドル、プローブボード、ECV用ブランクジグなど、ハイテク半導体産業に必要なセラミック部品の試験生産と評価に必要な機器の構築をサポートします。

セラミックソリューションセンターが完成すると、イチョン市は、半導体セラミック材料および部品企業による使用が見込まれ、センターが位置するイチョンの半導体産業の競争力を強化するために、会社の技術研究開発およびマーケティング能力の向上。

利川市の関係者は、「利川市セラミックソリューションセンターを通じて、全国のセラミック関連企業の研究と製造を支援し、半導体業界と業界の協力を通じてローカリゼーションの成功を促進しています。SKhynixに焦点を当てた高度なセラミックは、産業競争力を確保し、産業競争力を確保するための基盤を築く企業誘致にプラスの効果が期待できる」と述べた。

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。