加盟国「参加したいならもっと市場を開く」…農畜産物の開封率は96%に達する可能性が高い

[CPTPP 가입 신청 임박] 国の農産物に予見される被害

加盟国との個別の交渉を通じて、ほとんどの通関手続きを解除する能力

リスク分析の進捗状況/結果の伝達検疫手順は期限内に完了する必要があります

低価格の中国製品と台湾製品に関する懸念

新鮮な外国のリンゴやナシの輸入は現在禁止されています。 これは、寄生虫や寄生虫の存在が懸念されるため、「輸入リスク分析」段階にあるためです。 ただし、政府が包括的かつ進歩的な太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)に参加した場合、リンゴとナシの市場は直ちに開かなければなりません。 輸出国は、リスク分析の状況と内容を直ちに提供し、問題があれば、6か月以内に協議を完了する必要があります。 これだけではありません。 CPTPP加盟交渉が始まると、米、牛肉、玉ねぎ、にんにくなどの主要な農業市場の開拓が再び交渉の場になり、国内の農業に大きな影響を与えることが懸念されます。

高価なサブスクリプションコスト…より多くの農業市場を開く必要がある=2018年に締結されたCPTPPが、韓国のような遅れている国の「サブスクリプション料金」をもたらすという見通しはすぐに引き上げられました。 CPTPPは、CPTPPに参加したい国がそれを要求し、既存の加盟国がそれを承認する方法です。 CPTPPの共通ルールはまとめて適用されますが、詳細項目の公開度については、加盟国ごとに1対1の交渉が必要です。

現在、CPTPPに加盟している11カ国のうち8カ国が農産物の純輸出国です。 このため、専門家は、既存の加盟国が「加盟承認」を武器として韓国の農畜産市場をさらに開放する必要がある可能性が高いことに同意している。

韓国国際経済政策研究所のソ・ジンキョウ主任研究員は、「既存の自由貿易協定(FTA)に基づく農業市場の平均開放率は72%であり、CPTPPは約96.1%である」と述べた。以前に市場で封鎖されていたすべての農産物が含まれるため、市場開放はかなりのものになるだろう」と述べた。

特に、チリのみかんとコショウ、カナダ産牛肉、ニュージーランド全乳と脱脂粉乳、ペルー産ブドウ、オーストラリア産大麦は、関税の廃止または引き下げについて議論されるトピックの1つです。 米も気になります。 これは、オーストラリアやベトナムなどのコメ生産国も、加盟条件として免税国割当(CSQ)を申請できるためです。 実際、CPTPP交渉中、日本は毎年8,400トンのCSQ米をオーストラリアに供給しました。

もう一つの問題は、過去に自由貿易協定に署名していない日本とメキシコに市場を開放しなければならないということです。 メキシコは牛肉と豚肉で競争上の優位性があり、日本はすべての農畜産物で韓国に匹敵します。 韓国農村経済研究所は、CPTPPに関する報告書で、「日本は高品質の農産物を生産しており、予想に反して価格競争力がある」と説明した。

◆リンゴとナシの検疫障壁「戦争」=CPTPPは、既存の世界貿易機関(WTO)システムよりも、動植物に対してより緩和された衛生と検疫(SPS)措置を必要とします。 たとえば、CPTPP加盟国​​が謝罪の輸入リスク分析の進捗状況と結果についてGOKに要求する場合、それに関する客観的な情報を提供する必要があります。 輸出国の検疫基準が国際基準を満たしている場合、それを拒否することはできません。 また、輸出国が問題を提起した場合、180日以内に両国が協力技術協議会(CTC)を開催し、解決に至らなかった場合は、紛争解決措置を強制的に終了します。 現在、GOKは8段階のリスク分析手順を通じて新鮮なリンゴとナシの輸入を阻止していますが、CPTPP時代には、これらは限られた時間で対処する必要があります。 ニュージーランド、日本、オーストラリア、中国、米国からの謝罪の要請により、輸入リスク分析手順はすでに進行中であり、日本、オーストラリア、中国、台湾、米国は梨の開封を要請しました。

SPSの「コンパートメント化」も懸念の原因です。 以前は、口蹄疫または高病原性鳥インフルエンザ(AI)が特定の国で発生した場合、その国または州によって輸入がブロックされる可能性がありました。 ただし、CPTPP制度によれば、輸出国の個々の農場が問題がないことを証明する場合は、輸入を許可する必要があります。

ソ研究員は、「輸出国の特定の農場が害虫や寄生虫の存在とは無関係であるという証拠を提示するとき、GOKがレビューする人員と設備を持っている場合、これらの問題を注意深く調べる必要があります。それ。そしてそれを専門的に反駁する」と彼は言った。

◆中国への入会の変数=11か国に加えて、英国、中国、台湾、エクアドルも入会を申請しています。 注目すべきは中国です。 過去の韓中FTAにおける農産物の平均自由化(開放)率は63.9%であり、CPTPP開放率より30パーセント以上低い。 これは、FTAの時点で関税を維持していたニンニクや唐辛子などの品目の追加開放に関する議論が再燃する可能性があることを意味します。

全南大学校の農業経済学の准教授であるハンピル・ムーン氏は、「中国は間違いなく競争力のある農産物の市場基準を引き下げようとするだろう。それも必要だ」と述べた。

さらに、台湾のCPTPP加盟が承認された場合、農業業界は、地理的条件と低関税に基づく新鮮なトロピカルフルーツの低価格の攻撃を懸念しています。

さらに、CPTPPの国有企業に関する条項は、農業に害を及ぼす要素であると考えられています。 CPTPP規則では、政府の赤字補償や公営企業への低利融資支援が禁止されているため、農業関連の公営企業を通じた間接的な支援チャネルが遮断される可能性があります。

キム・ヘデ、スタッフレポーターhde@nongmin.com

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。