北朝鮮が東海に弾道ミサイルを発射…「偵察衛星開発のための重要な試験」

北朝鮮が東海に弾道ミサイルを発射したとき、北朝鮮の国営メディアは、それが偵察衛星の開発のための重要なテストであったと報告しました。 今回の発射は、北朝鮮が先月30日に中距離弾道ミサイルを発射してから28日目であり、今年で8回目の武力抗議である。 これはジャーナリストのハム・ジハによって報告されました。

北朝鮮は、27日の弾道ミサイル実験は偵察衛星の開発を目的としていると述べた。

北朝鮮の中央通信社は28日、国営宇宙機関と国防科学研究所が偵察衛星開発のプロセス計画に従って重要な試験を実施したと報じた。

同氏は、「今回の試験を通じて、高解像度画像システム、データ伝送システム、姿勢制御システムの動作の特性と精度を、カメラを搭載した地域の垂直および斜めの画像処理を行うことで確認しました。地形仕様を確認しました。偵察衛星。」

先日、朝鮮半島の午前7時52分ごろ、北朝鮮が平壌順安区域から東海に発射された弾道ミサイルの弾丸を北朝鮮が発見したと発表した。

その後、さらなる発表により、ミサイルの飛行距離は約300km、高度は約620kmであることが確認されました。

ブルーハウスは今朝、国家安全保障会議(NSC)の常設緊急委員会を開催し、対策について話し合った。

ブルーハウスによると、参加者は、問題を解決するための米国と韓国の共同外交努力にもかかわらず、北朝鮮の弾道ミサイルの再発射に深い懸念と重大な遺憾の意を表明し、その後の北朝鮮のミサイル発射に忍耐強いと述べた。

彼はまた、北朝鮮が米国と韓国を含む国際社会の対話の提案に迅速に対応することを強調し、外交による平和的解決に反する行動の即時停止を強く求めた。

ブルーハウスはまた、外交、国防、諜報活動において米韓と緊密に協力し、韓米連立の確固たる準備と強化された能力に基づいて、北朝鮮のさらなる動向を注意深く監視した。主要な政治的議題でさえ揺らいでいない、と彼は私たちが私たちの安全を守ることを強調したと言った。

常任委員会は、国家安全局の徐薫局長が議長を務め、鄭義溶外相と徐旭外相が出席した。

北朝鮮の弾道ミサイル発射について、統一部は、「朝鮮半島の平和と安定が最重要課題であり、国際的に成長している時期に北朝鮮がミサイルを発射したことを深く懸念している。ウクライナ戦争と朝鮮大統領選挙による緊張。」

「弾道ミサイルの北方発射に心からの遺憾の意を表し、関係部門とともにあらゆる可能性に徹底的に備え、現状を安定的に管理するために最善を尽くす」と述べた。

北朝鮮が戦術誘導ミサイルの検査と試験発射を行ったと主張して先月17日に国営メディアによって発表されたシーン。 (写真データ)

日本国防省も同日7時59分、北朝鮮が弾道ミサイルの可能性を持って弾丸を発射したと発表した。

日本の岸信夫防衛相は記者団に対し、「北朝鮮は少なくとも1発のミサイルを発射し、約300kmを飛行し、高度約600kmに到達したようだ」と語った。

また、ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)の外に着弾したことも確認されました。

岸国防相は、特に国際社会がロシアのウクライナ侵攻に対応していた時期に、北朝鮮のミサイル発射は容認できないと抗議した。

日本政府は首相官邸の危機管理センター対応室で緊急対応会議を開き、ミサイル発射による被害に留意したと報じられた。

北朝鮮のミサイル発射は、先月30日の中距離弾道ミサイル「火星12」以来約28日ぶりで、今年で8回目となる。

VOANewsのJihaHamです。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。