北朝鮮のIT技術者が他人の名前で日本で働いている…「外国為替収益」に注意を払う











中国を拠点とする北朝鮮のIT開発者
日本で他人の名前で仕事を確保し、提供する
日本の警察は北朝鮮当局による外貨獲得活動の可能性に注意を払っている

北朝鮮のIT技術者は他人の名前で日本で働いています...注意してください

北朝鮮の金正恩首相の像の前を歩く二人の男。 この写真は、北朝鮮が過去に弾道ミサイルを発射し、キム大統領の画像が日本の首都圏の中央部にある大型モニターを通して流された瞬間を捉えています。 ロイターニュース1

[Tokyo = Corrispondente Cho Eun-hyo] ヨミウリシンブンによると、18日の日本のヨミウリシンブンは、北朝鮮の情報技術(IT)開発者が、地元の日本人韓国人などの助けを借りて、近年、スマートフォンアプリケーションを開発し、日本の企業や組織に配布しました。 報告

日本の警察の調査によると、中国の遼寧省に拠点を置く北朝鮮のコンピューターエンジニア(40代と推定)は、アプリの開発と保守の注文を受け、2019年以来7件のケースを配信しています。地震や台風などの防災に関する情報アプリケーションの保守を担当しました。

この北朝鮮のエンジニアは、神奈川県に住む57歳の韓国人知人の名前を使って、フリーランスのコンピューターエンジニアと企業や個人をつなぐ日本のサービス会社に登録することで仕事を確保しました。 日本の企業や組織は韓国人の知人の口座を通じて請求書を支払い、北朝鮮のIT技術者を日本に住む親戚(75歳、女性)に送金した後、女性はデビットカードを中国に送った。現金

日本の警察が発見したところによると、2019年2月から6月までの最初の5か月で、中国から400万円(約4000万ウォン)が引き出された。

日本の警察は、違法な海外送金に関連して銀行法に違反した疑いで、2人の家事労働者を拘留せずに逮捕しました。 日本の警察は、北朝鮮が外貨を稼ぐためにコンピューターエンジニアを海外に派遣していると指摘している。

ehcho@fnnews.com特派員JoEun-hyo








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。