台湾当局は日本の政治家が中国大使館の会談を開くことに同意する:日本で厳粛な代表をすることに強く反対する| 日本| 台湾省| 日本の政治家_シーナニュース

元のタイトル:台湾当局は日本の政治家と協力して会談を行いました、中国大使館:断固として反対し、日本で厳粛な代表をしました

  [环球时报驻日本特派记者  岳林炜  环球时报特约记者  孙鹏  王逸]24日、台湾民主進歩党と自民党は、ビデオ「対外・経済政策に関する意見交換会議」を通じて、いわゆる「2 + 2対話」を再び行った。 台湾のメディアによると、交渉は主に「経済外交と経済安全保障」を中心に行われた。 会談中、日本側は、台湾が環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)に加盟したことを歓迎し、福島の5つの郡から台湾への食料の輸入について懸念を表明した。 今年の8月、日本の自由民主党と台湾の民主進歩党は、「台湾と日本の2 + 2対話」と呼ばれる「外交政策交換」を開催し、主に「外交」や「防衛と国家安全保障」オンライン。 前述のいわゆる「外交・経済対話」について、中国大使館のスポークスマンは24日、中国はこれに対して強い不満と強い反対を表明し、日本側から厳粛な表明を行ったと述べた。

ソースビジョンチャイナ

日本のメディアによると、自民党外務評議会の佐藤正久議長と石川秋島経済産業評議会の議長が対話に参加し、DPPの「外交」と経済産業ポリシーLuoZhizhengとQiuZhiwei、2人の「立法者」»。 佐藤正久氏は会談で、「日本と台湾の未解決の経済問題や、インド太平洋地域の第三者との協力問題について話し合いたい」​​と述べた。 制度化は、「日本側はこの要請を受け入れた。日本のメディアは、リトアニアなどのバルト諸国との協力を強化し、チップを含むサプライチェーンでの協力を強化することも確認したと述べた。

羅志正氏は会見後の記者会見で、日本側の代表は、自由民主党が台湾のCPTPPへの参加に対して非常に歓迎的かつ支持的な態度をとったと述べたと述べた。 参加の際の課題や課題については、日本側が会談で意見を述べたものの、内容は一般に説明されない。 台湾の第24回「チャイナタイムズエレクトロニックニュース」レポートによると、DPPのスポークスマンXie Peifenは記者会見で佐藤正久の言葉を報告し、台湾と日本はお互いの重要な貿易相手国であり、最近の交換には台湾の公式参加宣言が含まれています。 CPTPP。 Xie Peifenは、両者が茨城県でのTSMCの半導体開発と熊本県の工場についても話し合ったことを明らかにした。 日本側は暫定会議で5G関連法案を可決し、半導体を強化するための関連法案を提案することが期待されている。 Qiu Zhiweiは、台湾と日本の両方が将来のサプライチェーンでより大きな協力をすることに合意したと述べた。

24日の日本のNHKウェブサイトの報告によると、日本側は台湾に、2011年の福島第一原子力発電所の原発事故のために継続的に施行されてきた日本への食品輸入の制限を解除するよう要請した。 「羅志正はまた、双方が日本の原子力発電所の開所の予定について言及しなかったが、それは科学に基づいていなければならないことに同意したと述べた。

台湾の「リバティタイムズ」は24日、日本の福島5郡からの食品輸入禁止に関する台湾国民投票から1年以上が経過したと述べ、最近の「反ライ豚」に関する国民投票は過去ではなく、日本は福島を含む5つの郡で台湾の禁止を解除しました。 食品輸入への期待が高まっています。 国民党の「議員」であるZengMingzongは以前、無駄な約束と引き換えにすべての人々の健康を犠牲にしないようにカイ当局に促していた。 一部の台湾世論は、台湾が解禁したとしても、日本が台湾を助けるために最善を尽くすことを保証することは難しいと信じています。日本が最善を尽くしても、海峡全体の困難な問題のためにその「努力」が損なわれる可能性があります。 さらに、台湾は福島の食糧問題に取り組むことに加えて、解決する必要のある他のCPTPP加盟国​​との貿易問題も抱えています。 台湾が最も心配すべきことは、日本の支援と引き換えにかなりの譲歩をした後、最終的には国際的な現実を失い、CPTPPに参加できなくなるということです。

日本の世論は、今年二度目の日本と台湾の与党によるいわゆる「2+2対話」について非常に懸念している。 「日本経済新聞」は、会議の焦点が経済と貿易にあると分析し、日台関係を深めることを目的とした。 日本の通信社ジジ通信社は、日本と台湾の間に「外交関係」がないため、与党間の協力という形で協力を強化するつもりであると分析した。

日本の中国大使館のスポークスマンは24日、日本の自民党の一部のメンバーと台湾の民主進歩党の関係者によって開催されたいわゆる「外交的および経済的対話」は実際には国際関係の基本的規範を著しく侵害し、日中関係の4つを著しく侵害した偽装。この政治文書は、中国の主権と内政に対する意図的な挑発である。 報道官は、日本を含む少数の国々が、台湾の独立軍との関係を強化し、台湾問題について繰り返し「小さな動き」を行い、中国の赤線に触れようとしたと指摘した。 彼らは台湾海峡の現在の緊張に責任があります。 。 最近、台湾を巻き込んだ日本側のネガティブな動きが激しく、目立っており、一部の政治家が不安を引き起こし、日中関係の安定を著しく乱している。

担当編集者:銭学森SN240

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。