外交:政治:ニュース:ハンギョレ

金学順は、彼女が日本軍の「慰安婦」の犠牲者であったことを公に告白した最初の人物でした。 写真ファイル

14日は、戦争を行う女性の人権をひどく踏みにじった深刻な「慰安婦」という日本軍の問題が発生してから30周年を迎えます。 しかし、この問題を解決するための「社会環境」はかつてないほど悪化しています。 2015年12月28日の2015年12月28日の合意では、日本政府は「1mmも動かせない」「政権が変わっても国間の合意を維持しなければならない」という妥協のない立場を固守した(日本人文書7月13日の外務省)。 韓国では、2020年の総選挙の頃に起こった「尹美香事件」の影響で闘争の勢いが大幅に落ち込んでおり、問題は同じですが、いらいらする膠着状態があります。 。それは解決策の可能性です。 金学順の最初の叫びの後、慰めの犠牲者の苦しみに共感し、彼らの名誉を回復し、日本政府から謝罪を得ることが、韓国社会が達成しなければならない大きな「時代の課題」になりました。 当初、日本政府は女性が「商人にだまされた」という不誠実な対応を続けていたが、1993年8月4日、日本政府は慰安婦と慰安婦への軍の関与を認めた「慰安婦関係調査団」を発表した。動員プロセスの強制。


 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

日本は謝罪しません…河野の声明の後の言い訳や法的責任はありません

しかし、彼は、日韓の主張が「完全にそして最終的に解決された」と主張した1965年の日韓協定の壁に対して無力でした。 日本政府は、1995年7月に「アジア女性平和施設(女性基金)」を創設することでこの問題を解決しようとしたが、「65年制」を理由として「政府予算は韓国社会は、慰めの女性の問題は国家犯罪であると認識し、「法的責任」を受け入れる代わりに「道徳的責任」を維持した日本の「女性のための基金」を拒否した。同時に、3つの訴訟が続いた。キム・ハクスンを巻き込んだ1991年12月の訴訟、「公判」として知られる1992年12月の訴訟、1993年4月の日韓宋道堂の訴訟を含むが、結果はすべて無益であった。日本企業を通じた解決策は阻止され、韓国では問題を解決するために新しい方向性が変更されました。 外交文書の開示のntoは、「日本の裁判所によって事件を却下する理由として提案された日韓協定で議論されたものを明らかにし始めた。 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は2005年8月に文書を発表し、慰安婦問題は「1965年合意には含まれていなかった」と述べたが、問題を解決するための外交努力はなされていない。 そして、2011年8月、憲法裁判所は、韓国政府が日本政府と交渉しないという「露骨な失敗」は違憲であるという「歴史的判決」を出した。 それ以来、韓国と日本の間の激しい外交闘争は慰安婦の問題を解決し始めました。 韓国の執拗な外交攻勢に驚いた日本社会は、これを女性の人権を回復するための努力としてではなく、彼らの評判を傷つけるための「攻撃」として受け入れた。 日本では韓国に対する大いなる憎悪があり、日韓関係は急速に悪化した。

美学韓国…朴槿恵(パク・グンヘ)政権が12月28日の合意で限界に達した

韓国の外交努力も限界に達しています。 朴槿恵政権は、「中国の台頭」に共同で対応するよう米国からの圧力を受けて、2015年後半に「12月28日協定」に署名した。 今回の安倍晋三前首相は「責任感がある」と述べ、「法的責任」なのか「道徳的責任」なのかを明確にせず、政府予算10億円(約108億ウォン)を基金に寄付した。代わりに、韓国は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を約束した。 文在寅政権は、12月28日の合意は韓国の市民社会からの大きな抵抗に見舞われたが、2018年1月に「日本に再交渉を要求する」ことはないと述べた。 被害者とその家族はまた、韓国の裁判所を通じて、この問題を日本の国家犯罪として認めさせることを約束した。 1月8日に下された最初の判決は原告に有利であったが、4月21日の2番目の判決は却下された。 これは、「主権国家は他国の管轄に服従しない」という「国家免除」の原則を適用するかどうかで裁判所の判決が分かれたためである。 この膠着状態を克服する方法は? 慰安婦問題の解決に尽力してきた学者や活動家たちは、韓国社会が目指す「問題解決」について社会的コンセンサスを得て、日本に独自の声を上げようとしている。 変化のきっかけは、東京大学名誉教授の和田春樹氏と弁護士の内田正敏氏を含む7人の日本社会の長老たちが3月24日に発表した声明でした。 彼らは、12月28日の合意が「不完全」であることを認めながら、両国政府に「合意の精神を再び高めるための努力を呼びかけた」。

韓国と日本の市民社会は解決策を探しています

韓国では、対話文化アカデミーとソウル国立大学日本研究所を中心に、この要望に忠実に応える動きが始まっています。 5月26日と6月30日には、慰安婦問題を解決するためにそれぞれの立場で一生懸命働いた学界と市民団体の人格が集まり、公開討論を行いました。 一方、1228協定を補完したい人と、廃止された後の新たな協定を試してみたいという人との間には大きな隔たりがあり、その機会すらありませんでした。 議論の参加者は、韓国と日本の間の真の和解のための「有用な出発点」として河野の演説に注目した。 12月28日の合意は、「最終的に不可逆的」という表現を通じて慰安婦の問題を「忘れる」ことに焦点を当てていますが、河野宣言は、この問題の記憶、伝達、遺産に​​対処していません(「むしろ、歴史の真実を避けられない」 、歴史からの教訓として直接お話ししたいと思います。」)討論の実務責任者であるソウル国立大学日本研究所のナム・キジョン教授は、「参加者の意見は分かれた」と述べた。 12月28日の合意(日本の長老たちが提案)を補足するかどうかについては、しかし、河野宣言の意味を再確認し、そこからやり直す方法はありません。 「多くの参加者が同意した」と彼は言った。 この動きの中で、政府はまた、6月4日に日本軍慰安婦の犠牲者問題に関する「官民協議会」を創設し、これまでに3回の会合を開いた。 正義と記憶の連帯のイ・ナヨン大統領は、「人々はまだ非常に異なる意見を持っているが、政府は市民社会が一つの声を持っているときにのみ動くことができる。我々は強固な基盤を提示する」と述べた。 ギル・ユンヒョン、スタッフレポーターcharisma@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。