外交:政治:ニュース:ハンギョレ

外交候補者は、仕事への最初の旅行で記者に会います
「北朝鮮には実際的な政治的変革が必要だ」
「朝鮮半島の和平プロセスの限界を明らかにする」

朴金外相候補は18日朝、鍾路区鍾路区の職員聴聞会準備事務所に向かう途中、記者団に会い、「文在寅だと思う。政権)朝鮮半島の和平プロセスは、その目的にもかかわらず、その限界を明らかにした。「朗報

パク・ジン外相候補は18日、「現在の平和政策だけでは、北朝鮮の継続的な挑発を防ぐことはできない」と宣言した。 朴候補は今朝、鍾路区鍾路区の職員聴聞会準備事務所に向かう途中、記者団に初めて会い、「文在寅政権の和平プロセスは朝鮮半島はその目的にもかかわらず、その限界を明らかにした。」 朴氏は、北朝鮮が「新たな誘導戦術兵器の試射」を発表したことについて、「北朝鮮にとって、このような朝鮮半島の治安情勢(危機)の拡大は、治安、平和、朝鮮半島の安定」。 「尹錫淑政権は北朝鮮に対して常識を持ってバランスの取れた政策を追求する」と述べた。 朴候補は、「韓米首脳会談のプログラムや議事はまだ決まっていない」と述べた。 したがって、韓国と米国は、△北朝鮮の脅威に対応するための緊密な協力のための措置を考案することを含む、ウクライナの民主主義、平和および独立のための共同努力を継続する。△の再編に関連する経済安全保障および技術的同盟を促進する。グローバルサプライチェーン△気候変動への対応や共同プロジェクトとして特定されたCOVID-19などのグローバルパートナーシップを推進。 米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国の諮問委員会である「クワッド」の参加について、朴氏は次のように述べた。 「インド太平洋。私たちは会員ではありませんが、強みのある中核分野でクワッドとしてパートナーシップを拡大することが重要です。」特に、韓国のCOVID分野への参加範囲を徐々に拡大していく必要があります。 -19、クワッドワーキンググループを通じた気候変動と新技術について」と彼は付け加えた。

朴金外相候補は18日朝、鍾路区鍾路区名江洞(ネズドン)の職員聴聞会準備事務所に出勤し、記者団に会い、次のように述べた。

朴金外相候補は18日朝、鍾路区鍾路区の職員聴聞会準備事務所に出勤し、記者団に会い、「現在の平和政策だけでは北朝鮮を止めることはできない。継続的な挑発から。」 期間、「彼は言った。良いニュース

朴候補は、「中国は私たちの重要なパートナーである。中国は経済、貿易、文化交流の面で韓国の重要なパートナーである。」と述べた。中国「日韓関係については、「韓国と日本は民主主義と市場経済を共有しており、北東アジアの平和と安定、特に朝鮮半島の平和と安定のために協力する必要のある分野がたくさんある」と述べた。同盟関係を築き、両国の関係が停滞し続けて不快感を覚えると、双方が苦しむ」と語った。 イ・ジェフン、シニアスタッフレポーターnomad@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。