外交:政治:ニュース:ハンギョレ

日本の右翼の情熱が集う「日本の明治日本の産業革命の遺産」

ユネスコ世界遺産に登録されている羽島(戦艦島)の全景。 写真ファイル

韓国と日本の外交闘争が続いている「日本の明治日本の産業革命の遺産」は、明治革命が起こった1860年代後半から1910年までの日本の高速産業革命の証です。 。 この構造は、日本政府がユネスコの世界遺産に登録しようとした2014年1月以降、両国間のデリケートな外交問題として浮上してきました。 特に問題となったのは、ハン・スサヌイ(2003)などで韓国で有名な長崎県端島に23の建造物が含まれていたことです。 「日本の闘争中の強制動員の被害評価と海外強制動員の犠牲者支援委員会」の2012年の報告によると、1944年に500人から800人の韓国人労働者が潜水艦で働くことを余儀なくされたと推定されている。炭鉱島の地下に建てられました。 その中で、日本の市民団体が発見した「生クリーム許可証」は、1925年から1945年の間に少なくとも122人の韓国人が島で亡くなったことを確認した。韓国人による強制動員の歴史は、世界遺産として登録されるべきではありません。 結局、韓国と日本の間の血なまぐさい外交交渉の後、日本政府が韓国人がこれらの施設で働くことを余儀なくされたことを認めた場合、韓国は上場に反対しないという妥協点に達した。 アウシュビッツ強制収容所(1979年に上場)などのネガティブな遺産も世界遺産として価値があるという信念が受け入れられました。 したがって、2015年7月5日にドイツのボンで開催された第39回ユネスコ世界遺産委員会で、ユネスコ日本大使の佐藤国駐ユネスコ日本大使は、次のように述べています。 )軍艦島などの一部の産業施設で。)そして「強制的に働かされた。」犠牲者を称えるための情報センターの創設などの措置を講じる。 しかし、2020年6月に東京に現在の情報センターが開設された後、日本政府はこの約束を守っていなかったことが確認され、この問題は両国間の外交問題として再浮上した。 当時はあまり物議をかもしていませんでしたが、日本人思想家吉田松陰(1830〜1859)の世界遺産に松下村塾が刻まれているのではないかという懸念が続いていました。 松下村塾は、明治維新の指導者が生まれた山口県萩市にある図書館だからです。 この学校で書院に指導された伊藤博文、山縣有朋、寺内正岳は、後に朝鮮を含むアジアへの侵略を主導した。 世界遺産に登録する過程で、安倍晋三前首相を含む日本の権利は、明治維新として「日本の栄光」を再現したいと考えていました。 ギル・ユンヒョン、スタッフレポーターcharisma@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。