外交:政治:ニュース:ハンギョレ

[뉴스분석]
「戦争を覚えている世代」が消え、社会は右にシフト
彼らはむしろ「犠牲者」であるという歪んだ認識が生じます。
慰安婦問題日と日韓協定に微妙な態度をとる韓国へ
あなたが心ゆくまで失礼になることができるという態度は、現在の大惨事になります

文在寅大統領に対して、日本大使館「第2」事務局長の相馬博久氏が15日、非常に不適切なコメントをしたことが確認されたため、悪化していた日韓関係の改善を図った。東京オリンピックの影響で史上最悪の事態になり、政府の努力は失敗する危険にさらされていた。 オリンピックへの参加のボイコットを最初に支持した京畿道知事の李在明は、「目と耳を疑わせるほど衝撃的で無知だ」と批判的な声を上げた。 「日本の政治家や当局者は、無謀な言葉で二国間関係に冷水を注いでいる」と述べた。 野党も「適切な措置を講じる」と厳しい対応を求める見解を表明している。 相馬公社の「無謀な事件」で改めて確認できるのは、日本軍の「慰安婦」問題を解決するための12月28日の合意以来、これまでとは異なり、韓国に対する日本の「外交的軽蔑」が非常に構造化され露骨になったことである。彼が韓国に向けて元日本の政治家によって吐き出された「発言」に入ったという事実は、1953年10月の第3回韓国サミット-日本で騒動を引き起こした「久保田による発言」でした(「日本がそうでない場合前進すれば、(韓国は)ロシアと中国に占領され、さらに悲惨なものになるだろう。」内容のほとんどは、日本の統治が結果的に韓国に良い影響を与えたと言って、または歴史を否定することによって、彼らの歴史的誤りを正当化しようとした。 「慰安婦はプロの売春婦だった」と言って真実。犯人は日本だったので、自分たちにも言いたいことがあると言って、一種の「言い訳」をしようとした。 しかし、日本の「戦争責任」を覚えていた年配の世代が姿を消したとき、会社は右にシフトし、12月28日の取引ですべてが変わりました。 韓国は慰安婦協定(朴槿恵政権)の実施や中立化(文在寅政権)に消極的だったため、日本は韓国の犠牲者であるかのように態度を取り始めた。彼の約束を守らなかった。

相馬博久、韓国日本大使館事務総長。 良いニュース

相馬博久、韓国日本大使館事務総長。 良いニュース

これを最初に公然と明らかにしたのは日本の右翼ジャーナリストでした。 この新聞の編集者であるアビル・ルイ氏は、2016年7月に日本が慰安婦協定に基づいて韓国に10億円を寄付した後、韓国と日本の外交問題であった慰安婦問題が「韓国最高裁判所が2018年10月、「日本企業は強制労働の犠牲者を補償すべき」という日本の態度がより明確になり、河野太郎外相は判決の日に声明を発表し、「韓国は国際法違反を是正すべきである」と主張し、問題は gaは、「共同の努力」ではなく、韓国による「一方的な行動」によって解決された。 日本が「道徳的優位」の犠牲になっているという歪んだ認識が韓国に対して生じ始めた。韓国は国家間の約束を守らず(12月28日の合意)、現在は国際法を無視している(1965年の日韓主張合意)。 。 その後、日本はこれまで想像もできなかった韓国に対する「無礼な行動」を表明し始める。 安倍晋三前首相は、最高裁の判決が可決された直後の2019年1月の政府政策演説で、韓国についての言及を省略して、文在寅政権に対処しないことを明らかにした。 それを証明するかのように、7月には韓国経済の中心である半導体産業に対して平均的な経済的報復を適用した。 昨年9月に就任した菅義偉首相も、韓国の継続的な関係改善の呼びかけに応えて、「まずは関係改善の機会を作るべきだ」と述べた。 先月の12日と13日のG7サミットでは、文在寅大統領の「要約会議」の要請は一方的に無視された。 相馬が15日に行った非常に不十分な観察は、同じ文脈で理解することができます。 同日、JTBCとの昼食会で相馬大臣は、「日本政府は韓国が考えるように両国の関係に注意を払う余裕はない」「文在寅大統領は自慰行為をしている」と述べた。 しかし、コメントの核心は、慰安婦と強制労働の犠牲者に対する補償の問題に関して「韓国は回答シートを提出すべきである」というものでした。 文在寅大統領の訪日だけで、日韓問題の容認できる解決策を提供せず、非常に下品な言葉を使って、輸出制限の解除などの「成果」を達成しようとする韓国の試みを批判した。 日本の頑固な姿勢が明らかになると、ブルーハウスは再びトラブルに見舞われた。 文在寅大統領は任期満了後、韓国と日本の間の政治的に敏感な問題を解決するための「外交的冒険」に乗り出すことも、最も近い隣人との関係をそのままにしておくこともできない。 ブルーハウスは、18日の日韓首脳会談の必要性に基づいて労働者レベルの交渉を行っており、実際的な結果が得られるべきであるという原則的な立場を単に確認した。 ブルーハウスの関係者は、次のように述べています。「外務省は相馬プロジェクトに関してすでに行動を起こしているため、ブルーハウスがコメントすることは不適切です。 「首脳会談の結果に対する態度を変えるよう日本に要請しているが、まだ何も確認されていない」と彼は述べた。 ギル・ユンヒョンとソ・ヨンジ、スタッフレポーターcharisma@hani.co.kr

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。