大邱市はメタバースを通じて主要産業の輸出を支援しています











メタバースに基づいた国内初の商業および商業イベントを主催しました

大邱市はメタバースを通じて主要産業の輸出を支援しています

大邱市は、メタバースの仮想世界を通じて主要な地元産業の輸出を支援する上で主導的な役割を果たしています。 画像は16日から開催される「大邱本業メタバース博覧会」のポスターです。写真=大邱市提供

[Notizie finanziarie Daegu = Corrispondente Kim Jang-wook]大邱市は、国内初のメタバースベースの貿易および貿易イベントを開催することにより、この地域への主要産業の輸出を支援する上で主導的役割を果たしています。

大邱市は、大邱テクノパークとともに、6月16日から15日まで「大邱本業メタバース博覧会」を開催し、商業環境の変化にもかかわらず変わらない輸出ルートの開発を支援します。ワールドインタラクション」、11日に発表されました。

このイベントは「新しい価値」と呼ばれます。 新しい世界!」

既存のオンライン仮想展示会の制限を超えて、ガイド付きツアー、講義、サポーターを使用したイベントなど、メタバースのさまざまな付随イベントで構成され、メタバース環境で輸出専用プラットフォームサービスを提供する輸出展示会のコンサルティングに焦点を当てています。企業にとっての継続的な業績結果聴衆は、娯楽と宣伝を同時に受けることができます。

したがって、このイベントから、市はメタバースを使用してデジタル輸出貿易を促進し、それを最初のデジタル経済の主要なエンジンとして使用するための政府資金によるプロジェクトを事前に準備する予定です。

大邱金属有限公司、セテック株式会社、SLC株式会社など大邱の主要産業の58の地元企業。

このイベントでは、中国、日本、アラブ首長国連邦、インドなど17か国から92社のバイヤーを招き、会員登録を行うことで誰でも自分のアバターを作成し、ブースや展示会場を訪れて見ることができます。

イベントの月の間に毎週異なるテーマでメタバースプログラムを編成することにより、企業間(B2B)および企業間(B2C)の電子トランザクションがサポートされます。

さらに、メタバースOXクイズ、ミッションチャレンジ、メタバースエクスペリエンス認定などのさまざまなイベントを通じて、企業だけでなく一般の人々もバーチャルリアリティ空間でさまざまな体験をすることができます。

特に、参加企業58社の3D展示製品は、NFT(非代替トークン)に変換され、デジタル資産として企業に提供されるため、将来の技術を事前に管理に適用します。

クォン・ヨンジン市長は、「メタバースは、産業や社会に活用・普及できる無傷の新産業のハブであり、無限の可能性を秘めています。今後もデジタル市場を懸念する政策を推進していきます。

gimju@fnnews.com特派員のキム・チャンウク








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。