尹錫淑とバイデン大統領が一緒にサムスンの半導体工場に行く

全体像を見てください

国家安全保障局第一副局長のキム・テヒョ氏は、18日午後、ソウル龍山の大統領府のオープンルームで韓米首脳会談の説明会を開く。
Ⓒ聯合ニュース

関連写真を見る

尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領は、サムスン電子の平沢半導体工場を、20日午後に韓国を訪問するジョー・バイデン米国大統領と一緒に訪問する予定である。

18日午後、龍山(ヨンサン)大統領府で開かれた韓米首脳会談で、国家安全保障局第一副局長のキム・テヒョ氏は、「イベント(平沢のサムスン工場の半導体を訪問) )、私たちの国の大統領も出席し、一緒にスピーチをします、私たちは一緒に労働者とチャットする予定です」と彼は言いました。

具体的には、サムスン電子を含む国内の半導体企業について、「韓国の半導体企業3〜4社が世界の半導体の70%を供給している。これが最高だ」と語った。

同氏はさらに、「両首脳の認識は、他方の利益のために協力する何かがあるということであり、市場が拡大すれば、仕事は増えるだろう」と続けた。

そこで彼は、「先進的な将来の電池、グリーン技術における生態学的協力、人工知能、量子技術、宇宙開発などの問題は、このサミットの議題の1つとして世界的な議題になると思う」と付け加えた。

三星(サムスン)の工場を訪問する両首脳の計画は、世界最大の三星(サムスン)電子の半導体工場で「経済技術同盟の協力を拡大する」意欲を強調しているようだ。

また、金テヒョ副局長は、21日、龍山区庁舎で開かれた米韓首脳会談に続いて、国立中央博物館で開かれる公式夕食会に、韓国上位10団体の首脳が出席すると発表した。

金総書記は、誰が公式夕食会に出席したのかと尋ねると、「公式夕食会(招待リスト)には、韓国人トップ10と主要企業の首脳が10本の指で数えることができるリストが含まれていることを確認した」と答えた。 彼らを含む韓国側では、約50人の大統領府職員、行政職員、政治家、そして少数の学者、文化、スポーツ関係者が夕食会に出席する。 米国側は、「主要な助手を含む約30人が公式の宴会に出席する」と付け加えた。

しかし、バイデン大統領は、バイデン大統領の訪日中に開催されたビジネス円卓会議には出席していないと言われている。 これに関連して、金副所長は「韓米ビジネス円卓会議は米国商務長官が推進しているプログラムだ」と説明した。

一方、尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領は首脳会談に出席し、24日に日本で開催されるインド太平洋経済枠組み(IPEF)の発足を宣言する。

IPEFは、2021年10月の東アジアサミット(EAS)でバイデン米国大統領によって最初に提案されました。商品やサービスの市場開放を目的とした既存の貿易取引とは異なり、IPEFは、デジタル、サプライチェーン、クリーンエネルギーこれは、インド太平洋地域における世界的な経済パートナーシップです。

「現在、米国を含む8カ国がIPEFに参加している」とキム氏は語った。 「来週初めに日本でビデオサミットを開催すれば、大統領も出席する」と語った。 「将来的には、米国と関連国、特に韓国が主導的な役割を果たし、新しい規範と基準を作成し、他の国を招待し、IPEFに対する国益を実現するだろう」と彼は付け加えた。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。