尹錫淳駐韓日本大使…「日韓関係は円滑に解決されなければならない」

「尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領候補は26日、相星孝一駐韓日本大使に、「日韓関係がスムーズに解決されなければ、海外に住む45万人の韓国人が快適に暮らせるだろう」と語った。尹錫淳政権下で悪化した韓日関係を改善したい。

ユン候補は同日、ソウルのヨウイドで開かれた人民権力中央党で相星大使と会談し、韓国と日本の間の窮状を解決することを含む二国間関係を発展させる方法について話し合った。 また、党内で「外交」と呼ばれる朴金議員と国会外務統一委員会の野党議員である金ソクギ議員も出席した。

尹候補はインタビューで、「両国の関係が固くて難しいと、機能するのが非常に難しい」と改めて強調した。 特に、日韓関係は観光産業の回復のために改善されるべきであることに両者は合意した。

相星大使は「日本最大の旅行代理店であるJTBの世論調査によると、王冠の状況が終わったときに日本人が最初に行きたいのはハワイであり、2番目は台湾である」と説明した。

ユン候補は「『冬のソナタ』(ドラマ)をやっていたとき、韓国はおそらく日本人が最初に行きたかった国だった。重複している」と後悔した。

相星大使は、「私は1999年に初めて韓国に来て、金大中・小渕宣言後の日韓関係にとって良い時期でした」と回想しました。

二人は約20分間個人的に話しました。 ユン候補は後に「日韓関係の未来に感謝した」と述べた。

中央選挙委員会の李洋淳(イ・ヤンス)上級スポークスマンは、非公開の会話の中で、ユン候補は日本ができるだけ早く王冠の状況を克服することを祈り、解放のために日本政府の協力を求めた。韓国の学生と成功した候補者のためのビザを規制します。

彼はまた、来年の日韓合同ワールドカップ組織の20周年を記念する様々なイベントを通じて、日韓関係の改善に役立つことへの希望を表明した。 相星大使は、今後も誠意を持って行動していくと述べました。

ユン候補は、日韓関係を改善するために「金大中小渕2.0時代宣言」を繰り返し公に発表した。

金大中大渕の声明は、1998年10月8日に当時の金大中大統領と日本の小渕恵三首相によって採択された合意でした。過去、そして両国は未来志向の方法で彼らの関係を発展させることを約束しました。

一方、ユン候補は25日、ソウル中区のウェスティン親日派ホテルで開かれた「フォーラムコラシア2021」で、文在寅政権の対日外交政策について「繰り返さない」と述べた。人々を親日派と反日派に分け、日韓関係を過去に結びつけるという過ち。」 「私は国内政治で外交を使用しない」と彼は言った。

ユン候補は、「外交関係」を拡大するとともに、選挙委員会の設置など、大統領選挙の準備に一生懸命取り組んだ。 ユン候補は19日、エドゥサ革命のエドゥサ革命で中国の興海明駐韓大使と会談し、最近不足している尿素水に協力することに合意した。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。