岸田文雄が日本の経済データを開示して改ざんする意図は何ですか? _シーナニュース

原題:岸田文雄が日本の経済データを改ざんしたと発表したが、彼の意図は? | 北京醸造所

▲12月15日、国土交通大臣齋藤哲福は統計の誤りをお詫びしました。図/日本放送協会(NHK)のビデオからのスクリーンショット。

12月15日、日本の「朝日新聞」は、日本の国土交通省が2013年から「動的建設プロジェクト統計」統計に会計を繰り返し、この慣行は今年3月まで続いたと述べた。 。 報告書は、データがGDPに関連しており、国土交通省によって編集された誤ったデータが日本のGDPの過大評価につながる可能性があると述べている専門家を引用しています。

スキャンダルが暴露された後、日本の国土交通大臣齋藤帝夫は統計に抜け穴があることを認め、謝罪した。 岸田文雄首相も同日、衆議院議員に対し、「このような事態が発生したことは非常に遺憾である。政府は早急に対策を検討する。同様の事件が再発しないようにする」と述べた。

  8年間の「繰り返される統計」誰も質問したり、政治的な考慮をしたりしませんでした

報道によると、日本の国土・インフラ・運輸・観光省は、毎月のスクリーニング後に約12,000社から公的および民間の建設注文を収集し、これを使用して日本のGDPを計算しています。 このうち、約1万社のデータが数回カウントされています。

期限切れの注文データを送信する一部の企業は、後日一度に数か月のデータを送信するため、注文は2回カウントされます。 月次注文のデータをタイムリーに更新できない場合、領土・インフラ・運輸・観光省は地方自治体に月次の全注文のデータを最も多いデータに書き換えるように指示しました。最近の月。

また、建設会社が直近の月の注文をすぐに報告しない場合、その注文データはゼロとして記録されませんが、その月の業界平均に基づいて「想定データ」として記録され、事実上製造業者になります。

日本の新会計年度の初めに、4月にこの慣行は中止されました。 これは、過去8年間、国土交通省の統計手法に問題があることを誰も知らないことを示しています。 しかし、奇妙なことに、なぜ誰もこの慣習に8年間疑問を呈していなかったのでしょうか。

2013年、安倍首相の第2内閣が機能を開始したとき、太田昭宏公明党を領土・インフラ・運輸・観光大臣に任命し、太田昭宏も昨年辞任するまで辞任した。 公明党は自由民主党の長期的な権力パートナーであり、国土交通省が虚偽の報告をし、誰もそれを止めていないことを示唆している。政治的な考慮事項がある。

▲2020年8月28日午後、日本の安倍晋三首相が首相官邸で記者会見を行い、健康上の理由で首相の辞任を公式に発表した。写真/新華通信社発行▲2020年8月28日午後、日本の安倍晋三首相が首相官邸で記者会見を行い、健康上の理由で首相の辞任を公式に発表した。写真/新華通信社発行

  日本のGDPにどれだけの水を注入できたでしょうか。

2020年度の公的・民間建設受注額は約80兆円(7,000億ドル)。 現在、日本の当局は、建設部門で繰り返される統計が以前のGDPデータに影響を与えるかどうかを調査しています。

この7,000億ドルの建設注文は、2020年度の注文の合計ではなく、過去8年間の注文の合計である可能性があります。

2013年以前は、日本の住宅バブルの崩壊に見舞われ、日本の建設セクターは長い間遅く、GDPにほとんど貢献していませんでした。 しかし、2011年の東日本大震災後の日本の復興、2013年に安倍内閣が制定した無制限の刺激策、東京オリンピックの建設を日本が主催する必要性により、日本の建設業界は回復期に入った。

2013年には日本の建設業がGDPの約5%を占め、2017年と2018年には5.7%に上昇しました。 建設セクターの付加価値も日本のGDPの最大のシェアを占めています。

この観点から、日本の誤った建設命令は日本のGDPに水分を注入したに違いありません。 しかし、現状では、過去の統計のデータが存在しないため、2020年以前のデータの結果と日本のGDPへの具体的な影響を正確に計算することは不可能です。

簡単に言えば、2001年以降、日本の総GDPは約5兆米ドルにとどまり、過去20年間の平均年間GDP成長率は約2.5%以下、つまり1,000億米ドルを超えています。米国。 現在、建設セクターの生産額は日本のGDP全体の約5.7%に相当し、3,000億米ドル未満です。

建設業界のすべての注文が偽物であるとは限らないため、水は注入されますが、日本のGDPにはほとんど影響しません。

▲岸田文雄。 データマップ。写真:新華社通信記者Du Xiaoyi▲岸田文雄。 データマップ。写真:新華社通信記者Du Xiaoyi

  岸田内閣の景気刺激策の「ウェディングドレス」

日本の国土交通省のスキャンダルが暴露された後、一部の日本のメディアは、それが岸田内閣の評判に一定の打撃を与えたと主張した。

しかし、これは完全に安倍政権の間に起こりました。 岸田政権発足後、4月の新年度初めに変更が行われたため、岸田政権への影響は限定的でした。

代わりに、岸田は事件を利用して彼自身の刺激策を推し進める可能性が高い。

一方で、日本経済は期待を下回っており、新たな計画に支えられる必要があります。 内閣から最近発表された統計によると、日本のGDPは今年の第3四半期に年率で3.0%減少し、第1四半期の大幅な縮小の後に再び減少しました。 このため、日本銀行は2021年度の日本の実質GDP成長率の予測を以前の3.8%から3.4%に引き下げたが、IMFの予測はそれよりも低かった。

一方、岸田文雄は民主党の総裁に選出された後、経済界の支持を受けた。 それはビジネスの世界に還元する必要があります。

岸田文雄政権は先月、過去最高の55.7兆円を投じる経済計画を発表した。 12月15日、衆議院は36兆円の記録的な追加刺激予算を承認した。 2つの記録的な数字は、岸田政府が経済を復活させる緊急性を示しています。

日本の国土交通省は、建設命令の虚偽の報告について冗談を言ったが、岸田が真の経済成長を追求する理由にもなった。 膨らんだ建設注文は、岸田政府が非常に重要視している観光、デジタル経済、サプライチェーン投資の「ウェディングドレス」になる可能性があります。

責任ある編集者:Zhang Jianli

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。