岸田文雄が英国を訪問する前に、日本の議会は憲法審査の専門家を集めました:私たちは日本の憲法改正に警戒しなければなりません-yqqlm

元のタイトル:岸田文雄が英国を訪問する前に、日本議会は改正部隊の専門家を集めました:私たちは日本の憲法改正に警戒しなければなりません

  [环球时报-环球网报道 记者 邢晓婧]2日、岸田文雄首相は、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)に参加するために英国を訪れ、外交デビューを果たしました。 岸田文雄の旅の重要な目的は、今年後半に日米首脳会談を実現する機会を探すことです。 アナリストは、衆議院選挙での勝利が岸田文雄政権の内外の問題の良い基盤を築いたと信じており、岸田文雄は内外の人々に奉仕し、外の世界に貢献することが期待されています。

岸田文雄首相の地図ファイル

しかし、衆議院は総議席数(310議席)の2/3以上を占めており、憲法改正に前向きな姿勢を示しており、憲法改正を始めるには十分である。 この点で、日本問題の専門家は、環球時報の記者2とのインタビューで、憲法の改正自体は問題ではなく、何を変えるかが鍵であると述べた。 日本が憲法第九条を改正し、軍力を拡大しようとするなら、警戒を怠らない。 また、現在の日中の悲惨な状況については、過去の「新婚旅行期間」に短期間で戻ることができない可能性があります。

2の「日本経済新聞」の報告によると、岸田文雄が英国を訪問する最終決定を下した重要な理由は、新たに締結された衆議院選挙で自由民主党を大勝利に導いたことでした。 岸田文雄氏は当初、イタリアで開催されたローマでのG20サミットに出席する予定でしたが、衆議院選挙で忙しかったため、行けませんでした。 しかし、COP26は現地時間の10月31日に正式にオープンしました。岸田文雄は「会議中の出席者」に属しており、3日に日本に帰国する予定であり、スケジュールはかなりタイトです。

報告書によると、岸田文雄は「外国の元首と直接交流する数少ない機会のひとつ」であるため、COP26への参加に夢中になっている。 岸田文雄氏は会談中、英国のジョンソン首相と会談する予定であり、バイデン米大統領と「立ち会って話をする」機会を持つべきだ。 また、岸田文雄氏の訪米にも重要な目的があります。それは、米国側と連絡を取り、今年後半に米国を訪問して、就任以来初めての日米首脳会談を開催することです。 岸田文雄氏は、日米間の安定した関係は、中国と北朝鮮からの「脅威」に対抗するための鍵であると述べた。

最近行われた衆議院選挙では、自民党(261議席)と公明党(32議席)の連立が衆議院の465議席で合計293議席を獲得した。選挙前に岸田文雄が設定した過半数(233議席)を超え、目標は「安定過半数」の244議席を超え、「絶対安定過半数」の261議席に達した。

横浜国立大学の劉青濱教授は、日本の選挙過程を注意深く観察した。 2日の環球時報記者とのインタビューで、下院選挙の「予想以上に良い」結果は岸田文雄氏が「厳しい」と述べたが、英国でのバイデン会議はもはやチャットで彼を満足させることはできない。今年後半か来年初めに米国を訪問するために最善を尽くしている彼と一緒に、できるだけ早く日米サミットを開催することを望んでいる。

「衆議院選挙で勝利したことは、岸田文雄の内政が本質的に安定していることを示しており、次のステップは彼の外交的業績を見ることです」と、平龍江社会科学アカデミーの北東アジア研究所の所長である大志剛は述べた。 環球時報の記者2「岸田文雄は安倍首相の内閣にいる。この間、5年近く外務大臣を務めた。最前線での実務経験と国際的なつながりの両方を持っている。さらに、彼は才能があり、中立で気楽な外交官だ。 、だから彼の外交パフォーマンスについてはあまり心配しないでください。

Da Zhigangは、岸田文雄の政権獲得は主に党内の派閥の支持に依存しているという噂があったと考えており、これらの選挙の結果は、人々が岸田政権を本質的に認識していることを示しています。これも大きな改善です。岸田文雄自身のために。 岸田文雄は「自信」があり、政党改革、エピデミック対策、経済政策、議会運営、人事配置などの実施への抵抗を減らし、その政策が足場を見つけやすくしている。 彼はまた、安定した体制に対する日本人の願望を反映して、与党連立はある程度の自信を得たと述べた。 岸田文雄は意思決定の過程で大きな違いはありませんでしたが、長期的な支配傾向は基本的に形になりました。

日本が憲法を変えるべきかどうかは、外の世界の焦点です。 日本の「読売新聞」などによると、衆議院の憲法改正に前向きな議席数は、総議席数の2/3(310議席)を超えており、改正手続きを開始するのに十分である。憲法。 岸田文雄も「憲法改正に一生懸命頑張る」と繰り返し述べている。

外務省のスポークスマン、汪文潭氏は1日の定期記者会見で、中国の立場を何度も確認しており、日本が平和的発展の道を歩むことを望んでいると述べた。 現在、日中関係は機会と課題と共存しています。 日本側が二国間関係の経験と教訓から真剣に学び、4つの日中政治文書に定められた原則を遵守し、中国と日本が協力パートナーであり、脅威。相互の政治的コンセンサスを維持し、実践的な行動を伴う日中関係の健全で安定した発展を維持および促進する。

では、日本が憲法改正プロセスを開始する可能性はどのように高いと思いますか? 環球時報の記者からの質問に答えたとき、大志剛は「憲法自体の変更は問題ではなく、重要なのは何を変更するかだ」と述べた。 彼は、新たな冠状肺炎の流行に対処する際に、日本は法的な欠点を強調しており、それは本当に改善する必要があると説明した。 例えば、大規模な自然災害において政府が果たすことができる役割や、国民保護の観点からの憲法の内容の統合などの条項の追加は問題ではありません。

Da Zhigangは指摘したが、日本が憲法第9条を変更し、日本の軍事力を拡大しようとするのであれば、警戒しなければならない。 日本は近隣諸国、特に侵略に苦しんでいる国々の感情を十分に考慮し、慎重な判断を下すべきである。 日本国憲法第9条は、「日本人は、正義と秩序に基づく国際平和を心から求め、国際紛争を解決する手段として、戦争、脅威、国力による武力行使を永久に放棄する」と明確に述べている。 前のポイントに到達すると、陸軍、海軍、空軍、その他の戦争力は維持されず、国家の交戦権は認められません。

今回の衆議院選挙では、神奈川県第13区で元自民党事務総長のリミンガンが「ショック」を受けて敗北した。 自由民主党の書記長が1955年の創設以来敗北したのはこれが初めてである。彼は比例構成で「復活」したが、ガン・リミンは依然として責任を負って辞任し、岸田文雄は茂木敏充外相が引き継ぐ。 さらに、士官候補生の第一人者である小沢一郎は、1969年に衆議院に選出されて以来、初めて小さな選挙区で選挙に敗れ、その後、比例選挙区によって「復活」した。

与党と野党の「偉人」が次々と敗北した。 Da Zhigangは、これは、政治分野全体における「老人の政治」と「大物の支配」に対する日本社会の不満を反映していると信じています。 日本人は新旧の置き換えを切望し、若い政治家がそれを行えることを望んでいます。 より多くの利益の余地があります。

尖閣諸島の「島の購入」茶番劇の創始者である保守党の石原慎太郎と石原宏高の二人の息子が亡くなったことは注目に値する。 台湾問題について何度もとんでもないコメントをした中山泰秀元日本副大臣も衆議院選挙で敗れた。

劉青濱は環球時報に「反中国派閥が「裁判にかけられた」とは言えないが、日本政治の過激派のほぼ全員が選挙に敗れたと責任を持って言える。これは有権者を示している。岸田政権は外交においてより客観的かつ中立的でなければならないという日本の要求経済を発展させるための努力の強化日本の経済成長は、日本人がはっきりと見ることができる米国ではなく、主に中国に依存している。

岸田文雄氏は有権者の信頼を勝ち取り、過激派も有権者から追放されたと劉清濱氏は強調し、衆議院選挙は岸田文雄政権の内外の情勢に良い基盤を築いたと言える。 。 このような状況下で、岸田文雄は極端な政治に関与するべきではなく、内部で人々に奉仕し、外部で世界に貢献するべきです。

長い間、外の世界では、日本の政界が「右折」していることを懸念する声があり、中国に対して厳しい姿勢を続けています。 将来の日中関係について、岸田文雄氏のこれまでの中国に対する「執拗な言葉」は「選挙戦略」として除外することはできず、日本の最善の選択肢は日中ゲームへの関心を獲得することだったと述べた。 岸田文雄がこの考え方で統治できるかどうかは、彼の知恵と政治家としての判断にかかっている。 日本の専門家はまた、中国と日本の間の現在の悲惨な状況の観点から、両国は短期間で過去の「新婚旅行期間」に戻ることができないかもしれないと述べた。

責任ある編集者:Zhang Yu

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。