忠清道:全国:ニュース:ハンギョレ

42のアスベスト鉱山のうち28が忠南に集中している
犠牲者のほとんどは洪城と保寧に集中している
アスベストリスクの問題は2008年から提起されています
ハームリダクション法が制定されましたが、労働災害はありません

忠清南道洪城郡広川邑サンジョンリの広川邑峰(クンチョン)鉱山跡地の洞窟跡の前に座るイ・ナムオク(76、左)とイ・ヨンホ(84、右) 。 サンジョンリで生まれ育ったイ・ヨンホもグレード3のアスベスト肺疾患と診断された。特派員イェリン・チェ

先月7日の午後、忠清南道洪城郡広川邑(サンジョンニ)のジギ山(324m)に息を切らして登った李ナムオク(76)。 山の中心に着くと、かつてアジア最大のアスベスト鉱山だった光清鉱山の跡地が明らかになった。 光川鉱山は1938年から1986年にかけて操業しており、年間約19万トンのアスベストを生産していた。 太陽光発電所は、復旧作業で完全に埋め尽くされた大規模な鉱山サイトに密集して設置されました。 鉱山現場に入ると、まだ空の洞窟がありました。 「私はこの少年のアスベストにとても苦しんでいます」と氏は言いました。 状況は悪化の一途をたどっている」と涙を浮かべて語った。洪城郡邑城郡(ヨンソン郡)の近くにもアスベスト鉱山があった。5歳までアスベスト鉱山の近くに住んで引っ越した。広川邑にもアスベスト鉱山があり、洪城で生産された石綿が山のように積み上げられている広川邑駅前で友達と遊んでいた頃、李氏はグレード1の石綿と診断された。アスベスト肺疾患は、アスベスト繊維が肺に入り、肺を硬化させる疾患です。一度肺に沈着したアスベストは、外に出ず、どんどん深く掘り下げられます。リーの友人であるキム・サンベ( 76)洪城郡広川邑清光里で生まれ育ちました。子供の頃、金藩の村で、近くの鉱山で生産されたアスベスト糸を紡ぐ職人技の産業が栄えました。 。 キムの母親も自宅でホイールを使ってアスベストの糸を引き抜いた。 グレード2のアスベスト肺と診断されたキムは、「母の顔と眉毛は常にアスベストのほこりで青白い。私はその母のミルクを飲んで育った。私が学校にいたとき。村。だから私はこの種の肺疾患を患っていたと思います。」 キムの兄妹として暮らす保寧市保寧市十浦面のマガンリにアスベスト工場があった。 パクは18歳から2年間、自宅の向かいにある工場で働いていました。 アスベスト鉱石が鍛造場に投入されると、ミルで粉末に粉砕され、ふるいにかけられ、バッグに入れられました。 2011年に2度のアスベスト肺と診断された朴氏は、「村全体がいつも暗い。当時、アスベストがこんなに危険だとは思っていなかった。アスベストを噛んだこともある。冗談を言っていたので食べた。 、 “彼は言った。 パークの母親も、死亡する前にグレード3のアスベスト肺疾患と診断されており、彼女の2人の妹は両方ともグレード2のアスベスト肺疾患の患者です。

■クラス1発がん物質「アスベスト」…サイレントキラー

アスベストは、世界保健機関(WHO)によって指定されたクラス1の発がん物質です。 超微細な粉塵などの小さなナノスケールのアスベスト繊維が空中に浮かんでいます。 人間の呼吸器に侵入して肺に詰まると、10〜40年の長いインキュベーション期間が続き、その後、悪性中皮腫、肺がん、肺アスベスト、びまん性胸膜(胸膜)肥厚、喉頭がん、卵巣がんの原因となります。アスベストのような病気は柔軟性があり、1200℃の高温に耐えることができるため、建築材料、船舶、自動車部品などのさまざまな目的に使用されています。 多くの鉱山労働者、労働者、消費者は、鉱山で荒い石を抽出して粉砕し、原料としてアスベスト繊維を製造する過程でアスベストにさらされてきました。 韓国のアスベスト鉱山は1930年代に日本人によって開発され始めました。 特に太平洋戦争が勃発し、戦争資材に指定されたアスベストの輸入が困難になると、韓国はそれを調達するためのアスベスト鉱山の開発を集中的に開始した。 アスベストの有害性が判明した後も、アスベストを取り扱う一部の労働者から職業病の原因として扱われていました。 2005年以降、復興・再開発地域の建物の解体過程でアスベストへの公衆曝露が次々と発生し、環境問題として捉えられるようになりました。 2007年、釜山のアスベスト繊維工場周辺住民の集団としてアスベスト病が確認された。 以前、2008年7月に、アスベスト被害者、環境グループ、専門家が協力して韓国アスベスト追放ネットワークを形成し、特別なアスベスト被害法を制定するための全国的な署名キャンペーンが開始されました。 その結果、2010年にアスベスト被害救済法が制定され、2011年に施行された。忠清南道は国内で最も多くのアスベスト被害者を抱えている。 アスベスト被害防止法が施行された2011年1月から2021年7月までに、全国で5,295人がアスベストの被害者として認識されています。 続いて釜山が851人、京畿道が770人、ソウルが571人でした。忠南の犠牲者の80%以上が洪城(957人)と保寧(642人)に集中しています。 これは、アスベスト鉱山がこれらの地域に集中しているためです。 昨年1月に環境衛生市民センターが発表した報告によると、全国の42のアスベスト鉱山のうち28が忠清南道にあった。 2008年、環境省は、廃石綿鉱山が集中している忠清南道洪城と保寧の5つの村を調査した。 それ以来、忠南地域の廃鉱山の近くの住民に限定されていた健康診断は、全国の他のアスベスト鉱山に徐々に拡大されてきました。

忠清南道洪城にある光清アスベスト鉱山の出現は1940年頃。市民健康センターによる

忠清南道洪城にある光清アスベスト鉱山の出現は1940年頃。市民健康センターによる

■地元の医療機関とアーカイブの設立を命じる

洪城郡広川邑(サンジョンニ)徳城(ソンジョンリ)村に住むパク・ジェドクさん(78)は、1968年から1986年まで18年間、村の裏山にある広川鉱山で働いていた。グレード3のアスベスト肺。彼の病気はアスベスト鉱山で働いた経験によるものですが、職業事故保険の対象外です。 これは、アスベスト鉱山労働者には労災保険がなく、鉱山閉鎖時に職歴を証明することは容易ではないためです。 アスベスト被害救済法に基づく支援は、労働災害保険のわずか20〜30%です。 環境衛生市民センターのチェ・イェヨン所長は、次のように述べています。「政府は、1980年代に閉鎖されたアスベスト鉱山を放棄しました。 その結果、住民は継続的にアスベストにさらされているため、州はアスベスト鉱山の住民の健康への損害についても責任を負っています。アスベスト鉱山は、違いがないように引き上げる必要があります。「彼は強調しました。彼はまた強調しました。」アスベスト病10年から40年の長い潜伏期間の後に発達するので、将来アスベスト鉱山の周りにさらに多くの犠牲者が現れるかもしれない」と彼は言った。イェサン・ホンソン環境運動協会のシン・ウンミ事務総長は、「チョンナムのアスベスト被害者は、治療を受けるために、天南のスンチュンヒャン大学病院に行かなければならない。彼らは高齢者であり、移動するのが困難です。 健康を癒し、管理するための医療システムが必要だ」と述べた。忠南地域にアスベスト被害アーカイブを設置するための話し合いも進行中である。むしろ、「この種の被害は、私たちの地域のアスベストが原因で行われており、非常に危険です。」「英国では、オーストラリアと日本が反映するためにアーカイブを設定しています。アスベスト被害の教訓について」 これについて、忠清南道青空企画課長のパク・ミファ氏は、「洪城医療センターと呼吸器専門医の合意について話し合っているが、顔を合わせた医師を見つけるのに苦労している。範囲。 ” 私たちの意見を伝えました。「特派員のイェリン・チェはfloye@hani.co.krと言いました。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。