政府は、10年以内に新しいスペースを本格的に立ち上げるためのロードマップを発表しました

政府は、2031年までに、170の衛星を開発し、40を超えるロケットを打ち上げて、民間宇宙開発能力を強化することを計画しています。[사진=한국항공우주연구원 제공]

政府は、2031年までに公​​共目的で170の衛星を開発し、これに関連して合計40の国内発射体を発射することを計画しています。 これにより、10年後に宇宙ビジネスの時代を真剣に切り開く計画です。

宇宙開発は冷戦時代の米国とソビエト連邦の組織的な競争として始まりましたが、ここで開発された技術は、エアバッグ、浄水器、MRI、CTスキャンなど私たちの生活のさまざまな分野で使用されています。 特に、民間セクター主導の「新宇宙」時代は、衛星航法(GPSなど)、宇宙インターネット、宇宙旅行、衛星製造、車両打ち上げなどの新産業を通じても開かれています。

金富謙首相が議長を務める第21回国家宇宙委員会では、このコンセンサスを反映して、「宇宙産業推進戦略」、「韓国衛星航法システム開発プロジェクト推進計画」、「国家宇宙委員会運営計画」が発表された。審議され、解決されました。

国家宇宙委員会の運営計画は、大統領を元科学技術情報通信部長官から首相に更新し、研究開発の中心から外交、安全保障、産業などの世界的政策に拡大している宇宙政策を監督および調整する。 新しく確立されたコンテンツが含まれています。

 

政府の宇宙産業振興戦略

政府はまた、10年後に宇宙ビジネスの時代を迎える宇宙開発ロードマップを発表しました。 新しい宇宙時代では、世界の宇宙産業は急速に成長しています。 一方、国内の宇宙産業の規模は3.261兆ウォンであり、世界の宇宙産業の1%に相当する。


外国技術の導入が難しい宇宙分野では、当社の技術力の向上とインフラの整備により、韓国を代表する宇宙企業を推進していきます。 170の公用衛星開発プロジェクトは、民間企業が宇宙開発に参加する機会を拡大し、衛星の開発に関連して合計40台の国内ロケットの打ち上げを促進します。 特に、羅老宇宙センター内に民間企業の発射場を建設し、民間企業のアイデアを実現するために、ロケット、衛星、材料、部品を含む宇宙産業クラスターを構築します。

また、技術競争力を確保した側に段階的調達方式を導入し、技術費や遅延を減らして負担を軽減するなど、企業が自信を持って宇宙開発に参加できる体制を整えます。 また、人材育成プログラムや教育センターを指定することで宇宙産業のスペシャリストを育成し、次世代の宇宙への理解を深めるための教育コンテンツを制作・普及しています。

宇宙産業の大部分を占める衛星情報産業に関連する新産業を推進し、衛星情報の開放性を拡大することで商業化を支援します。 代表的な例は、自動運転車などの韓国の衛星ナビゲーションシステム産業です。 また、民間部門による商業化の基礎を築くための6G衛星通信技術とサービスのデモンストレーションも計画しています。

さらに、民間部門は、衛星画像の配信、処理、分析のためのプラットフォームを構築し、人工知能アルゴリズムを開発することにより、衛星画像の使用を促進します。 2022年からは、革新的なアイデアを持つ中小企業やベンチャーキャピタルが宇宙市場に参入できるように、マイクロ衛星ベースのビジネスデモンストレーションもサポートする予定です。

 

韓国衛星航法システム(KPS)開発プロジェクト推進計画。

政府は来年から、超精密測位、航法、視覚情報サービスを提供する韓国式衛星航法システム(KPS)の開発プロジェクトを開始する予定です。

衛星航法システムは、さまざまな人工衛星を使用して、正確な位置、航法、時刻情報を提供するシステムです。 政府は、KPS開発計画を第3次基本宇宙開発推進計画に反映させてプロジェクトを準備し、来年のプロジェクト開始の詳細計画について審議・合意した。

政府は、KPSを構築するために、2035年までの14年間で合計3.7234兆ウォンを投資する予定です。 研究機関から産業への積極的な技術移転や、KPSを活用したサービス産業の振興により、宇宙産業の活性化に貢献していきます。

そのために、韓国航空宇宙研究院内にKPS開発プロジェクト本部を設置し、統合航法システム(仮称)の開発・運用に関する国内法を制定し、独自の推進システムを構築する。 KPSが確立されると、緊急時にも金融、電力、通信、輸送ネットワークなどの主要な国家インフラの安定性を保証することが可能になり、第4次の新産業の基盤となることが期待されます。非常に高いサービスと精度を備えた産業革命。

金富謙首相は、「宇宙開発の歴史は短いものの、自国のヌリを自国から打ち上げ、1トン以上の大型衛星を自力で打ち上げることができる国となった」と述べた。宇宙産業を超えた宇宙ビジネスの時代。 政府は、次の目的地として強い自信を持って宇宙企業を促進し、宇宙産業のエコシステムを構築することにその政治的能力を集中させるでしょう。」

一方、2回目のヌリ打ち上げ(5月)と月食者の打ち上げ(8月)は来年に予定されており、委員会は宇宙開発計画が円滑に進むように最善を尽くすつもりであると述べた。逮捕。



©「5つの言語での世界経済の日」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。