政府は福島の汚染された排水に対する日本の執行に深刻な懸念を表明-政治ニュース| ニュース

緊急事態に関連する副大臣会議を開催しました…「期限なしで十分なレビューと透明性のあるレビューを追求する」






21.12.2021






政府政策調整室





日本政府は21日、副大臣会合を開催し、福島原子力発電所からエネルギー規制委員会に汚染された水を排出するための行動計画の提示について再び日本に懸念を表明した。

同日午後、東京電力は原子力規制委員会に、福島第一原子力発電所の特定の原子力発電所の実施計画を修正し、福島からの汚染水排出の実施計画を修正する提案を提出した。

これは、汚染水を効果的に排出するために不可欠な手順であり、実施計画には、原子力発電所から海洋に汚染水を排出するために必要な関連施設と運用方法、汚染水濃度分析、および水の取水と防水の方法が含まれています。

日本の福島県にある原子力発電所。

これに関して、韓国政府は、「透明性のある情報と誠実な協議の要請にもかかわらず、日本政府は昨日、関係者の詳細な説明を求める重要な調査フォームを日本政府に提出した。日本側は完全には説明されていない、と彼は説明した。

「懸念の表明が繰り返され、韓国は海洋排出物の撤退を求め続けているが、日本側は一方的に汚染された水を海に排出する手続きを進めている」と彼は述べた。

「日本の原子力安全安全委員会はまた、日本の原子力規制委員会に、汚染された水を海に排出する手順の適用に遺憾の意を表明し、期限のない独立した透明なレビューを促す手紙を送った」と政府は述べた。言った。

「私たちは、公衆衛生と安全を最優先して、海洋環境と食品安全を保護するために必要なすべての対策を引き続き実施します」と彼は言いました。

要請:雇用および食品および薬物政策局、政府政策調整局044-200-2380

「パブリックヌリタイプ1:出典表示」の条件に従い、ポリシーブリーフィング情報資料を無料で入手できます。

ただし、写真は第三者に著作権で保護されているため使用できません。
記事を使用する場合は、出典を示す必要があり、違反すると罰則が科せられる可能性があります。

www.corea.kr>>



オープンな動作原理

以下の投稿は、ポリシーブリーフィング後の運用原則に基づいて削除できます。

  • 1.メールアドレス、電話番号、住民登録番号等の個人情報を公開する場合。
  • 2.未確認の内容で他人の評判を誹謗中傷した場合
  • 3.公序良俗に反する内容の拡散またはリンクの場合
  • 4.冒とく的および下品な表現の使用、および特定の人種、性別、地域、または特定の政治的見解を軽視する用語の公開
  • 5.違法コピー、ウイルス、ハッキングなどを助長するコンテンツ。
  • 6.営利目的の商業広告または特定の個人(グループ)の広告の場合
  • 7.他人の作品(記事、リンク等)を無断で掲載することにより著作権を侵害する記事
  • 8.犯罪行為または犯罪および関連コンテンツを投稿した場合
  • 9.公人または特定の問題に関係する人物、ならびにその人物または知人に近い人物などを装って記事を投稿する場合。
  • 10.意見、苦情、情報などを投稿する場合。 記事や投稿の内容とは関係のない詳細
  • 11.記事が同じタイトルまたはコンテンツで複数回公開された場合、または記事の一部のみが変更された場合
  • 12.他の関連法に違反していることが判明した場合
  • 13.探偵事務所等からの正式な要請がある場合。

動作原理を閉じる




Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。