政治相談団が来日、期待と警戒が共存

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が派遣した日韓政治協議団(以下、協議会)は4月28日に帰国した。 今回の訪問では、岸田首相、林吉正外相、萩田浩一経済産業大臣、岸信夫防衛相、安倍晋三首相、吉郎前首相などの政府関係者と会談した。森。

理事会の活動については、日本のメディアは、関係改善への第一歩を踏み出したことを概ね肯定的に評価すると同時に、時期尚早の期待に対して警戒感を表明し、韓国との立場にはまだ違いがあると主張した。日本と韓国側に大きな変化はありません。 メディアのトレンドに応じて、進歩的(リベラル)であるほど、期待が大きくなり、右翼が保守的になるほど、警戒心が高まります。

コンサルテーショングループの訪日に対する日本のメディアの反応は、プログレッシブ/リベラル(東京/朝日)、中学校(日本経済新聞)、保守的/右翼(読売/産経)の順に翻訳され、提示されています。 (括弧内に翻訳者が追加されています。戦略/略語は省略されています)

‘韓国[정책협의대표단]日韓関係の改善と北朝鮮政治のTBSニュース(4/24)スクリーンキャプチャーと連帯して、日本政府、国会、経済界との意見交換

「韓国と日本の関係を改善するための最初のステップである解決策の目標は(紛争)です。 岸田首相と韓国代表団が会う、5月の首脳会談?」

代表団(協議会)を率いるチョン・ジンソク国会議長は記者団に対し、「記者団に、日本側の信条問題に対する真剣な認識に共感していると語った」と述べた。 韓国と日本は、妥協の余地のない徴兵制の問題について首相にいくらかの配慮を表明したようだ。

首相はまた、「現在の国際情勢では、関係の改善を遅らせることはできなくなった」と答えた。 彼は、韓国と日本の間、そして韓国と日本の間のつながりを強化する意欲を表明した。 チョン・ジンソク所長は、日韓協力と日米協力が重要であるという見解を共有したと述べた。

審議会議長の面接に対する慎重な回答の理由について、審議会議長(公務員)の官邸は、「相手方も、関係を改善するために独自の考えを持って来て、誠実さを伝えた」と説明した。 外交筋によると、自由党議員へのインタビューで、徴兵制の問題で日本の資産が金に転用されて関係が悪化するのを避けたいという強い願望が表明された。

「」[사설] 韓国の新政府首相(就任式)の訪問を通じて関係を改善することができる」

長い間無視されてきた韓国と日本の冷淡な関係は、軌道に戻らなければならない。 来月行われる尹錫淑(ソクヨル)新大統領の就任式は良い時期だ。 岸田首相は出席し、両首脳が協力して関係を改善する用意があることを示すことが期待されている。

岸田首相は本日、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領から派遣された外交顧問を含む代表団と会談した。 インタビューでは、ユン大統領からの個人的な手紙も届けられたと言われている。

ユン大統領は、大統領に選出される前から、日本との関係を改善する必要性を繰り返し主張してきた。

(首相の就任式への参加について)自民党内の野党や外務省の声は慎重である。 最大の障害の一つは、起草訴訟で補償を与えられた日本企業の資産が、早ければ今年の夏に現金に変わる可能性があることです。

日本側は、首相の韓国訪問が今年の夏の議会選挙に先立って歴史的問題の進展なしに大きな政治的リスクをもたらすことを恐れている。

これらの懸念に対処するために、ユン大統領がまず、キャッシュフローは望ましくなく、外交的解決策を望んでいるという考えを明確にしてほしいと思います。

歴史的な問題がナショナリズムの引き金となる可能性があるというリスクがあります。 しかし、それが難しいほど、市民の(一般的な)レベルでお互いを理解することが不可欠であり、そのような環境を作り出すことは政治の重要な役割であると言えます。

「自由党が首相の対応について質問されたとき、韓国の代表団は [후대]「」

27日に開かれた自民党外務省会議を含む合同会議で、岸田首相が大韓民国新大統領との政治協議のための代表団との会談に対する対応に疑問を呈した。 26、彼は必要以上に韓国で親切だったと言った。 ユンエレクトが待ち望んでいた5月の大統領就任式での首相の出席の慎重さも回復した。

会談中、一部の議員は、「訪問団は自らを政治諮問団と呼んでいるが、日韓関係を改善する方法すら提案していないので、会う必要があったのか」と強調した。

佐藤正久外相は会談で、首相の訪韓に注意を促し、「首相はお祝いの雰囲気に関与するかもしれないし、関与しないかもしれない」と述べた。

「将来の日韓関係『韓国側が具体的な計画を提示することが重要』、自民党の佐藤正宏」

佐藤正宏外務副学長と東海大学の金慶州教授が26日、BS日本テレビ「インデプスニュース」に出演し、今後の日韓関係について語った。

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領が次期大統領に就任したことについて、佐藤氏は「関係の改善が期待されるが、韓国側が具体的な対策とプロセスを提示することが重要だ」と強調した。 キム教授は、日韓関係を改善するための課題であると強調し、「政権交代があったとしても、韓国が日本が望むようにどれだけ対応するかは明らかではない」と述べた。

「」[단독] 首相は韓国大統領の就任式に参加しないことを決定したので、林外相を含む外相を派遣する可能性を検討している」と述べた。

28日の政府関係者によると、政府は5月10日の尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領の就任式に出席しないことを検討していると報じられた。 首相が(就任式)式典に出席することを期待する韓国からの声は多いが、いわゆる徴兵制の原因と問題の解決策を提示するには時期尚早であると判断するのは時期尚早であることが知られている。慰安婦。林外相らが参加の可能性を検討していることが知られている。

「次の韓国政府は日本との関係を改善するために急いでいる、背景にある米国からの圧力、代表団は日本に戻る」

韓国の尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が日本に派遣した政治協議団は、5日間のプログラムを終えて28日に帰国した。 日韓関係の改善を求める米国の圧力を背景に、代表団は日本との問題を解決することに熱意を示し、現在の文在寅政権との違いを訴えた。 しかし、韓国の専門家の間では、韓国の国内情勢のためにタイムリーなアプローチは望ましくないという多くの見解があります。

「誰も私たちの面接要求を拒否しませんでした。 日本側の誠実さを感じました」。 岸田文雄首相と会談した26日、代表団長兼国会副議長のチョン・ジンソク氏は、SNSでの訪日結果に期待と満足を表明した。

しかし、韓国では、起訴改革をめぐる与野党と次期政権の総裁との間の現在の反対が激しく、6月の同時地方選挙に先立って日韓の協力が進んだ場合、次のような噂がある。それは政府によってのみ使用され、日本に対する反発は強まるだけです」。

国民大学校の李ウォンドク教授は、「この問題を解決するには、日本と市民団体の両方との交渉が必要だが、後者を説得する努力はなされていない」と強調した。 献身的な行動、二国間関係は幾分悪化するだろう」と彼は言った。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。