文化庁メディア芸術祭優秀賞ジュンヨン・ムーン…賞のニュースを直接発表し、「優先紛争」を拒否:: Empathy Media Newsis News Agency ::

記事の概要

「パラダイス文化財団の支援を受けた作品」



[서울=뉴시스] 文在寅大統領の息子である文在寅は、13日のFacebookページで、文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞したと語った。 (写真= Moon Jun-yong Facebookスクリーンショット)13.03.2022。 photo@newsis.com*転売およびDBは禁止されています

[서울=뉴시스] ジャーナリストのシン・ヒョリョン=文在寅大統領の息子であるメディアアーティストのムーン・ジュンヨンが、文化庁メディア芸術祭で「優秀賞」を受賞した。 パラダイス文化財団から助成を受けた作品に対して海外の芸術祭の受賞を直接発表することで、彼を取り巻く優遇の疑いを間接的に示したと理解されています。

ムーンさんは13日、フェイスブックに「文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞しました」と書いています。 彼はまた、今回の受賞を発表したビデオをリンクし、「この作品はパラダイス文化財団によってサポートされました。助けてくれたすべての人に感謝します」と書いています。

2020年5月、ムーンさんはパラダイス文化財団の支援を受けた芸術家の一人に選ばれ、3000万ウォンの支援を受けました。 現職の大統領の息子がビジネスサポートライターに選ばれたことについて、財団は「専門の陪審員による公正な審査の対象となった」と述べた。

昨年12月の中央日報とのインタビューで、ムーン氏は「仕事は良くないが、 『戻る』でそれを手に入れれば、長期的には私の損失になるだろう」と語った。 彼は「私はその部分が特に怖かった」と言った。 「私が無能な作家であるならば、すぐに辞めて他の仕事をすることは私の食べ方と健康な生活の仕方です。」 彼は言った:「私が私の執筆のキャリアを見ても、それはやり過ぎです。

また、昨年9月、フェイスブックに「私が受けた助成金に不満を持っている人が多いことは承知している」と投稿した。 この点について、彼は中央日報とのインタビューで、「彼らが異なる意見を持っていることを私たちは理解していることを意味する」と説明した。 「あの人たちは『ムン・ジュンヨンは何も受け取らない』という立場だ。そんな視界はあるかもしれないが、仕方がない。意見が違う。 『受け入れられる』と思うそれ。'”

◎連帯プレスニュースsnow@newsis.com

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。