新しいライブラリ| 「消費の第四紀」は、成熟した消費社会の形を完全に理解している_Japan_Miura_Influenza

元のタイトル:新しい本棚| 「消費の第四紀」は、成熟した消費社会の姿を深く理解している

カバーレポーター王慧

日本の著名な社会的オブザーバーである三浦張はかつて、大災害の後に人々のライフスタイルが変わるという考えを提唱しました。 では、新たなコロナ流行が発生してから2年以上が経過しましたが、それは人々のライフスタイルにどのような影響を及ぼしましたか? 最近、三浦の名書「消費の第四紀」の最新版が出版され、著者は本の中でより詳細な分析と解釈を行った。

この本では、著者はさまざまな時代の消費者グループの肖像画を描くための例として日本を使用しています。 日本が工業化段階に入った後、30年という制限で、消費社会は大きく4つの段階に分けられました。

1912年から1945年の第二次世界大戦の終わりまで、それは最初の消費者社会でした。 主な消費者グループは、大都市の少数の中流階級の人々に限られていました。 雑誌やラジオに代表されるマスメディアが社会に登場百貨店、オフィスビル、アパートは日々増加し、日本は徐々に西洋化されたライフスタイルを始めました。

石油危機が発生する前の1945年から1973年まで、それは2番目に大きな消費社会でした。 この段階で、日本経済は急速に発展し、日本は真に工業化の時代に入りました。 シリーズ商品は全国で販売されました。 主な消費の概念は、製品が十分に大きく、十分で高価でなければならないということでした。すべての家族は、冷蔵庫、テレビ、エアコン、そして少なくとも自家用車を持っているようです。

1974年から2004年まで、日本は3番目に大きな消費社会でした。 日本経済は低成長期にありました。 消費の概念は、身近なものから個人的なものへと変化しました。 コンパクトCDプレーヤー、コンピューター、小型車が人気を博しています。 独身者の数が増え、離婚率が急速に高まり、人々の疎外と無関心が頻繁な社会問題につながり、故意の犯罪、学校への通学の拒否、さらには自殺さえもこの時期に増え始めています。

2005年以降、日本が大量消費を経験した後、第4の消費社会が芽生え始め、人々はなぜ社会でますます孤独になったのかを考え始めました。 物質的な豊富さがまだ不十分なのはなぜですか? 消費の意義は何ですか? その結果、第4次消費社会の特徴でもある、共有したい、環境保護を重視し、人と人との絆を再構築したいという意識が徐々に社会に現れてきました。

近年、「消費の第4の時代」の概念は、消費社会の変化する傾向を分析するために多くの国内研究者によって引用されているだけでなく、メディアで頻繁に話題になり、消費者の流行になっています。

三浦展では、2005年から2034年までの期間を消費の第4の時代と定義し、「今、ターニングポイントが過ぎました。これは、消費の第4の時代が本質的に終わったことを意味し、同時に、第5回消費社会新たな冠状肺炎の流行が広がるにつれ、消費にも大きな影響を与える新たな冠状肺炎の流行が第5次消費社会を促進する機会になるかどうかはまだ分からないが、ある程度の影響をもたらした」。

日本は私の国の隣国であり、中国と日本は文化の面で多くの類似点があります。これは、「消費の第四紀」という本が国内の読者の間で幅広い反響を呼んだ重要な理由でもあります。

(この記事の画像は編集者によって提供されています)捜狐に戻って、もっと見る

出版社:

免責事項:この記事の見解は著者自身のみを表しており、捜狐は情報公開プラットフォームであり、捜狐は情報ストレージスペースサービスのみを提供しています。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。