日本「1年以内に日本で最初の量子コンピューターのメンテナンス」











成長戦略の中核となる岸田内閣
今月末までに関連戦略を確立する

日 "日本初の量子コンピューターの1年以内のメンテナンス"

ネバダ州ラスベガスのCESで2020年にIBMによって発表された量子コンピューターシステム。 AP通信

[Tokyo = Corrispondente Jo Eun-hyo]日本政府は今月末までに次世代コア技術と呼ばれる量子技術を推進する戦略を打ち立てる。

第7回読文新聞によれば、日本政府は量子技術を岸田文雄首相の経済パラダイムである「新資本主義」の成長戦略の一つとし、今月はその戦略を推進するための会議を開催した。統合されたイノベーション。 量子技術を促進するための戦略で。

今回発表される「量子未来社会ビジョン」(仮称)の草案によれば、日本初の量子コンピューターは1年以内(来年3月まで)に維持され、量子技術の研究と東北大学などの支援拠点があります。沖縄科学技術研究科等日本の4か所で制作されるコンテンツが含まれています。 同時に、量子技術の利用者数を2030年までに1000万人に拡大し、量子技術を利用した生産量を50兆円(約493兆ウォン)にすることを目標としている。 さらに、この文書では、量子技術が「量子未来社会ビジョン」(仮称)と呼ばれる新しい戦略で「将来、国家間の覇権争いの焦点となる重要な技術」として指定されていることが知られています。 。

量子技術は、既存のスーパーコンピューターよりも比類のない速度の量子コンピューター、または盗聴のリスクなしに暗号通信に適用できる量子暗号技術に適用できます。 米国と中国はすでに量子技術を次世代の「転換点」と見なしており、技術開発をめぐって競争しています。 日本政府は、量子技術産業を支援するために公的資金を使用することを計画しています。

ehcho@fnnews.com特派員JoEun-hyo








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。