日本が初めて「WithCorona」を実装…最初の週末シーン

市内中心部を散歩している日本人(写真= AFP)
[이데일리 방성훈 기자] NHK放送や読売新聞などの日本のメディアは4日、韓国の前に「コロナ(段階的回復)」が展開された日本での最初の週末、主要な観光地や国の中心部が混雑したと報じました。

日本は、今年4月初旬に最初の非常事態宣言が発令されてから約6か月間、ほとんどの地域で移動を制限してきました。 しかし、最近、新たに確認された症例数が急減したため、非常事態宣言は1日から解除され、コロナから始まりました。 日本で新たに確認されたCOVID-19の症例数は2で、1日あたり1,246であり、東京オリンピックが開催された8月の1日あたり20,000の10分の1未満でした。

日本のメディアによると、2日と3日には、全国のバー、レストラン、ゲームセンターが、長い間外出していた人々でいっぱいになりました。 さらに、ほとんどの市民はマスクを着用していませんでした。

特に、首都の中心である東京の主要エリアに足を踏み入れることはほぼ不可能でした。 狭いスペースでの感染が懸念され、午後8時までの勤務時間制限が解除されたため、各レストランには長蛇の列ができました。

これは、レストランでの酒類販売の再開とは何の関係もないと分析されています。 東京でレストランマネージャーを務める湯川秀樹さん(57)は、ロイター通信に対し、次のように語った。 レストランでアルコールを売らないのは、顧客がいないようなものだ」と語り、2か月後にビジネスを正常化したことの喜びを表現した。

通信会社NTTドコモのモバイル空間統計を分析した結果、2日正午12時の銀座の混雑は先月の25日から8%増加しました。 以前、同日の午後3時に、パンデミック前の昨年1月の平均よりも休日の数が9.7%多いと計算されました。

東京都心の他のエリアも人でにぎわっていました。 朝日新聞によると、2日の正午には上野の人が1週間前に比べて12%、浅草が10%、渋谷、銀座、池袋がそれぞれ4〜6%増加した。

空港も忙しかった。 1日は台風タンポポの影響で天気は良くありませんでしたが、羽田空港は観光客でにぎわっていました。 日本航空によると、国内線の1日あたりの予約数は9月上旬に5,000の範囲にとどまっていたが、9月末には10倍の5万に増加した。

朝から東京ディズニーランドや大阪ユニバーサルスタジオなど、観光客が5,000人から10,000人に増えた主要な観光スポットが集まり始めた。

週末を前に、日本の大手企業は来年の春に卒業生ごとに新入社員の採用を開始しました。 また、日本経済新聞は、出勤制限の緩和や出張再開も検討していると報じた。

日本でのWithCoronaの実施は、高いワクチン接種率に起因する可能性があります。 9月30日現在、全人口の70.4%が1回目の予防接種を完了し、59.8%が2回目の予防接種を完了しています。

しかし、冬が近づくにつれ、公衆衛生の専門家は、再普及の意識を遅らせるべきではないと警告しています。 また、各地方自治体の首脳は、6回目のパンデミックの可能性に対する対策について話し合うために2日にオンライン会議を開催しました。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。