日本とベトナムの「レッドライトワールドカップ」は負けましたが、雰囲気が違います

、サウジアラビアに対する日本のサッカー日本代表の敗北を報告します。 “/>

日本代表サッカーチームがサウジアラビアに敗れたことを描いた映画。 Ⓒ日刊スポーツ

日本のサッカーは再び敗れ、ワールドカップの予選7回連続で赤信号が続いた。

日本は、8日にサウジアラビアのジェッダにあるキングアブドゥッラースポーツシティスタジアムで開催された2022年カタールワールドカップのアジア予選決勝のグループBでサウジアラビアに1-0で敗れました。

後半25分、サウジアラビアのアル・ブライカンが柴崎岳の不器用なバックパスを阻止し、勝利を収めたとき、日本は無力な敗北を喫した。

日本メディア「森保一が試合直前に言い訳をした」


第1戦でオマーンに1-0で衝撃的な敗北を喫した日本は、第2戦で中国を1-0で下し、敗北から回復したように見えたが、タフなサウジアラビアに敗れ、3試合で2敗となった。 日本はオーストラリア、サウジアラビア、オマーンに次ぐグループBで4位に終わった。

さらに、12日に行われる4試合目は、グループBで最強と定義されているオーストラリアと対戦します。日本にとっては、文字通り「山を越えた山」です。

日本のメディアは、森保一監督の解雇についてさえも議論し、厳しい批判を発表している。 「日本は決して負けてはならない試合に負けた」と強調した。 「森保監督は非常に守備的な戦術を打ち出し、選手交代の時期が遅れた」と語った。

「試合前に森保一監督が言い訳を思いついた。『サウジアラビアは日本とは気候や時差が異なり、ホームファンのサポートがないので難しい』と笑った。

「批判の声は知っているが、オーストラリアに勝たなければならない」とモリヤスは語った。 また、その日決定的なミスを犯した柴崎については、「空気をつなぐ役割を忠実に果たした選手だった。

目の前の最初のポイントを逃した…朴恒緖に囲まれたベトナム

 

  Una clip dal <People's Daily data-recalc-dims= ベトナム代表の朴恒緖(パク・ハンソ)の記者会見を報じた。

ベトナム代表の朴恒緖監督の記者会見を報じたベトナム映画。 Ⓒ人民日報

一方、朴恒緖監督率いるベトナムは、中国に2-3で敗れ、歴史的なワールドカップ予選決勝で1点目を逃した。

ベトナムは最初に中国に2得点を挙げて奪われたが、試合終了時に2得点を挙げ、引き分けの強さを見せた。 しかし後半、延長戦で勝ち越しを認め、3試合連続で負け、グループBの後ろでフィニッシュした。

試合後の記者会見で、朴監督は次のように認めた。

しかし、ベトナムの雰囲気は日本とは大きく異なりました。 ベトナムを代表するジャーナリスト 「今日の敗北は大変で苦いものだったが、ベトナムのサッカーがますます発展していることを示している。次の試合では異なる結果が期待できる」と語った。

ベトナムの有名なサッカーコメンテーターであるQuangHuiも :「ベトナムは負けましたが、良い試合でした。」

彼はまた、「朴監督の選手交代が失敗したという批評家もいるが、サッカーのすべての決定はギャンブルのようなものであり、常に成功するとは限らない」と述べた。 できない」と彼は言った。

ベトナムサッカー協会は声明のなかで、「ベトナム代表の努力を称賛する。ベトナムは12日のオマーンとの第4試合で再び1点を争う。

☞「OhMySports」のFacebookページに移動し、視点を持ったスポーツニュース

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。