日本とロシアは、さらなる制裁措置により「最恵国待遇」としての待遇を停止する












(ソウル=ニュース1)記者キム・ジョンリュル=日本は、ウクライナに侵攻したロシアに対する追加制裁措置として、「最恵国待遇」(最恵国待遇を受けている国)を停止する計画だ。

NHKは16日、岸田文雄首相がロシアに対するさらなる制裁措置に対応して、最恵国待遇を停止する方針を固め、優遇貿易などを保証したと報じた。

12日、米国のジョー・バイデン大統領はロシアから最恵国待遇を奪った。

バイデン大統領は、「欧州連合(EU)やG7など、世界経済の半分を占める国々がこの措置に参加する」と述べた。 「ロシア経済へのもう一つの打撃は、すでに制裁によってひどく打撃を受けた。追加された」と彼は言った。

EU理事会は15日、ロシア経済に対する4回目の制裁を承認し、15日には600人以上の個人に対する最恵国待遇を停止するという方針を再確認しました。

NHKは、岸田首相が同日、最恵国待遇を停止すると発表したと報じた。 日本政府はすでにハイテク製品とジェネリック半導体のロシアへの輸出を禁止しています。








Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。