日本に輸入された自動車墓地…現代自動車は13年ぶりに再挑戦できるのか?

ヒュンダイアイオニック5。写真=聯合ニュース

現代自動車は今年、日本市場への再参入を計画している。 2009年に売上減少により退社してから13年。 最初のIONIQ5専用電気自動車やNexo水素自動車などのグリーン車が主導権を握ります。 日本市場は「輸入車の墓」と呼ばれているため、現代自動車の新たな成功の可能性に焦点が当てられています。

業界筋によると、現代自動車は最近、日本市場への再参入を確認し、正確なタイミングを検討している。 日本の社名も「現代自動車ジャパン株式会社」から変更されました。 「現代モビリティジャパン株式会社」へ。 自動車分野だけでなく、モビリティ全体で事業を拡大するための足がかりと見られています。

現代自動車はすでに日本語版のIoniq5とNexoの販促資料を作成しており、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じてローカルマーケティングを行っています。 また、マーケティング関連部門を設置するなどして、現地市場に再参入するために組織を再編したことも知られています。

ヒュンダイは2001年に最初に日本市場に参入しました。GrandeurやSonataなどの主要モデルが前面に出されましたが、その結果は悲惨なものでした。 日本の自動車市場では、トヨタやホンダなどの国内ブランドが非常に強いため、輸入車が日本の自動車市場に参入することは困難です。 日本に輸入される自動車の割合はわずか8%程度です。 輸入車は韓国の17%の約半分を占めています。

日本市場でのコンパクトカーの需要の高まりは、当時セダン志向のラインナップを持っていた現代自動車の売上拡大の制約にもなりました。 実際、2009年に会社が引退する前の8年間で、現代は15,000台を販売しました。これは年間平均2,000台未満です。

ヒュンダイネクソ。 写真=ハンギョンDB

ヒュンダイネクソ。 写真=ハンギョンDB

しかし、電化の流れが加速するにつれ状況は変わりました。 電気自動車の競争力を高めるために専用の電気自動車プラットフォームを開発した現代とは異なり、日本の自動車メーカーはハイブリッド車や水素自動車に焦点を合わせた後、遅れて電気自動車への投資を開始しました。 現在、日本ブランド専用の電気自動車は市場に出回っていません。

これが現代自動車が日本への帰国を検討した理由と考えられている。 電気自動車の移行期である現在は、ニッチ市場に参入するのにふさわしい時期であると判断されました。 昨年11月の日本の日本経済新聞へのインタビューで、現代自動車のチャン・ジェフン社長は、「現代自動車のラインナップは、電気自動車と水素自動車の分野で競争力を示すのに十分なほど変化した」と述べた。 低価格の電気自動車で日本の電気自動車市場での地位を拡大している中国の電気自動車メーカーの場合、日本への輸入障壁が低くなっていることがわかります。

2035年から内燃機関を搭載した新車の販売を禁止するためにグリーン車の供給を拡大するという日本政府の政策もまた、前向きな要因として機能するはずです。 日本政府は今年、1台あたり最大80万円(約840万ウォン)の電気自動車補助金を提供することに合意した。 これは昨年の2倍以上です。

昨年初め、現代自動車は日本で使用されている右ハンドル車のコンポーネントをストックし(運転席は右側)、Ioniq5とNexoの右ハンドルバージョンを製造しました。 日本での進歩を目指した解釈がありました。 40カ国以上が右ハンドル車を採用していますが、グリーンカーの需要が十分にあるのは日本だけだと考えられています。 チャン社長も以前、「お客様のニーズに合った形で日本に入国する準備をしています」と語った。

シン・ヒョナ、Hankyung.comレポーターsha0119@hankyung.com

ⒸHankyung.com、許可されていない転載および再配布は禁止されています

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。