日本の「外国人入国禁止」は2月まで延長されました…留学生と家族のために部分的に緩和されました

日本政府の岸田文雄氏は、外国人の入国禁止を2月末まで延長する予定です。 ただし、一部の批判を受けて、外国人の家族や留学生の場合は例外として検討されています。

共同通信や自治ニュースなどの日本のメディアは11日、岸田政府が新規外国人の入国禁止の原則を拡大することを検討していると報じた。 岸田文雄政権は、報告書を合わせて、延長期間について、1月下旬、2月下旬、3月下旬の3つの選択肢を検討しており、2月末までの延長について活発に議論している。

 

三重県伊勢神宮での年末記者会見での岸田文雄首相。 [사진=AP·연합뉴스]

この対策は、オミクロンコロナ19変異ウイルス(B.1.1.529)に感染した人の国内への流入を防ぐための「水ギワ対策」の一環として、昨年11月30日に実施されました。 岸田首相は当初、一ヶ月間実施すると発表していたが、昨年12月21日の記者会見で、「当面は延長する」と述べ、事実上無期限の延長を意味する。

その後、9日にフジテレビに出演し、「オミクロンの実情は十分に明らかにされていないので、慎重に対応する」と改めて延長の決定をほのめかした。 当時、日本のメディアは岸田内閣が年末に成人式(1月8日〜10日)の到来を公式に発表すると予想していた。

しかし、オミクロン地域の感染はすでに自国で本格的に始まっているため、専門家はまた、対策の有効性に懐疑的であると指摘しています。


実際、8日と9日には、2日間連続で8,000件の新規症例が確認され、パンデミックの第6波が始まりました。 日本の公共放送であるNHKによると、前日の10日には、東京での871件の新規症例を含め、全国で合計6,438件の新規症例が確認された。 ただし、この日は月曜日で週末のために検査回数が限られており、成人式の休日も含まれているため、新たに確認された症例数は今後再び増加すると予想されます。

さらに、この措置は外国人学生や外国人家族に過度の苦痛を与えるとの批判があり、農業および産業部門への外国人労働者の参入が阻止されているため、国内の労働力不足に対する懸念が続いている。 それは善よりも害を及ぼす措置です。

その結果、共同通信は、岸田文雄の内閣が、人道的な注意が必要な例外的な場合に再入国を許可する計画についても話し合っていると付け加えた。 メディアによると、対象者は日本人の外国人家族や留学生です。 また、岸田首相は11日、計画の対抗策を発表するとしている。


©「5つの言語での世界経済の日」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。