日本のネチズンは「パチンコ」を批判している…ソ・ギョンドク「作者の話が知られるのではないか」

写真「パチンコ」=AppleTV +

一部の日本のネチズンは、在日コリアンの苦しみを描いたAppleTV+シリーズ「パチンコ」は「歴史のゆがみ」であると主張している。

先月25日に発売された「パチンコ」は、禁じられた愛から始まる物語です。 日本の植民地時代に迫害された朝鮮人と、解放後に差別の対象となった在日朝鮮人の生活を描いています。 日本軍の「慰安婦」や関東大震災の虐殺などの歴史的事実を扱っています。

発売前後に外国メディアから満場一致で好評を博しました。 ローリングストーンがコメントしたように、「芸術的でエレガントな方法で主題を扱います。それは、元の小説の繊細さと映画のユニークな強みを完全に組み合わせています。」 震える時代を超えた物語です。「批評家のインディワイアでさえ、「繊細で甘く発展したが、強烈な共存」と称賛した。

写真 写真「パチンコ」=AppleTV +

「パチンコ」の静止画。 「パチンコ」の静止画。

「パチンコ」に好評を博し、SNS、日本のポータルサイト、オンラインコミュニティは「「パチンコ」の内容は完全に架空のもの」と主張しています。 一部の日本のネチズンは言った:’私は韓国人が言っている話を信じることができません。 世界中の人々はだまされないように注意する必要があります、または「韓国ドラマや小説は歴史を操作し、反日です」。

「なぜ彼らは嘘をついているのですか? 韓国は日本とともに米国と戦ったが、戦争に敗れた後、日本に背を向けた。 彼は、彼が荒廃した日本で勝利した国であると主張して、虚偽の主張をしました。 原作者である韓国系アメリカ人作家のイ・ミンジン氏は、日本に住んだことは一度もないと主張し、「原作には多くの矛盾があった」「嘘で金儲け」などの根拠のない告発を行った。

「パチンコ」の静止画。 「パチンコ」の静止画。

誠信女子大学のソ・ギョンドゥク教授は、このような日本のネット市民の行動に応えて、SNSで次のように述べている。「日本の侵略の歴史が世界のOTTを通じて世界に十分に知られることを恐れる現象です。 「」

その後、昨年は「イカゲーム」の世界的な人気のおかげで、国境の壁を壊すOTTの力を体験しました。 日本のネチズンもよく知っているので怖いようだ」と語った。「日本の主要メディアはドラマ自体の評価を控えており、アップルジャパンはこのドラマの予告編を公開しない。日本では1000億ドルの費用がかかる。広告は控えている」と語った。

最後に、ソ教授は、「しかし、世界的な「パチンコ」の流行が、日本の迫害の物語を世界中の人々に広く知ってもらう上で重要な役割を果たすことを願っています」と指摘しました。

記者パク・ジョンソン、Park.jungsun @ jtbc.co.krエンターテインメントニュースチーム(コンテンツ本部)

広告

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。