日本のブースター接種率2.7%…ワクチンマネージャー「OECDで最も低い」:: Empathy Media Newsis News Agency ::

記事の概要

「ワクチン接種を希望する人は、可能な限りワクチン接種を受ける必要があります。」



[도쿄(일본)=AP/뉴시스]医療スタッフは、2022年1月22日、東京都墨田区スカイツリーにあるコロナ19ワクチンセンターでワクチンをチェックします。


[서울=뉴시스] 記者キム・イェジン=日本政府は、経済協力開発機構(OECD)の中で、ブースターワクチン接種率(3回目のワクチン接種)が最も低いと述べ、ワクチン接種プログラムの推進に焦点を当てると述べた。

28日のジジニュースによると、堀内典子ワクチン相は同日、衆議院の予算委員会に出席し、「OECD加盟38カ国の中で、日本はワクチン接種率が低い」と述べた。 。

現在日本で接種されている予防接種の回数は1日あたり約26万回であると説明し、「できるだけ早く予防接種を受けたい人に接種する必要がある」と強調しました。

首相官邸によると、28日、日本の追加接種率はわずか2.7%(342,540人)でした。 28日の00:00の時点で、韓国の三次予防接種率は51.4%であり、非常に低いです。

NHKによると、今月ブースターショット優先を受けた人の予防接種率はわずか19.7%でした(先月の25から増加)。

28日、日本の一次接種率は80.1%、二次接種率は78.7%でした。

厚生労働省は、予防接種の予定を先月まで延期し、住民に予防接種の権利を与えず、地方自治体が予防接種制度の準備に遅れをとったことを発表した。ブースターショットの予防接種率。

最近の日本のCOVID-19感染者数の増加と比較すると、ブースターワクチン接種率は低く、感染の拡大が懸念されています。

厚生労働省と地方自治体のNHK統計によると、20から27までの新たな感染数は46,186→49,829→54,556→5010→44,798でした。 →62,593→71,616→78,931など 27日から3日連続で記録を更新。

associate_pic

[도쿄(일본)=AP/뉴시스]従業員は、22。28.01.2022に、東京の墨田区にあるスカイツリーのコロナ19ワクチン接種センターのワクチン接種サイトを運転します。

岸田文雄首相は26日夜、公式ツイッターに「日本では感染拡大が続いているため、3回目の予防接種が最も効果的な予防策だ」と動画メッセージを投稿した。 ワクチンの有効性を回復することによって感染を防ぎます」。

彼は、クロス接種の安全性が英国の研究によって確認されていることを指摘し、製薬会社ファイザーからワクチンで1回目と2回目の投与を受けたBoosterShotで製薬会社Modernaからワクチンを受け取ると述べました。

彼は続けた。「現代のワクチンであろうとワクチンであろうと、長い間待たずにワクチンを接種できる場所はたくさんあると思います。チケット(ワクチン)を持っている場合は、ワクチンの種類よりもスピードを優先する必要があります。そしてあなたの家族は3回目の接種を受けます。

◎SympathyPressNews aci27@newsis.com

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。