日本のメディア「韓国だけが選手村の食べ物を批判している…日本の選手は満足している」

画像の説明韓国のスケルトンチームが撮影した選手村での食事。 [사진 출처 = 연합뉴스]

韓国の選手たちは最近、北京オリンピック村で食べ物に不満を表明したが、日本のメディアは「日本の選手は満足している」と報じた。

朝日新聞と週刊誌のアエラは8日、「韓国の選手を除けば、他国の選手村での食事に不満があるという噂はない」と語った。

以前、韓国のスピードスケート代表のチョン・ジェウォンは、「2018年の平昌冬季オリンピックに非常に匹敵します。アスリートの村のレストランの食べ物はあまり美味しくありません。

女子スピードスケートのマススタートに出場するキム・ボルムは、「メニューを見ると家に帰りたくなる」と語った。

アエラは韓国チームのレビューを発表し、日本チームは村の食べ物を寛大に評価したと述べた。 報道によると、日本人アスリートは「中国料理、アジア料理、ピザ、パスタ、サラダなど100種類以上のメニューがある。文句なし。体重を監視する必要があるので、食べ過ぎないように気をつけている。 「」

同地域のオリンピックを追った日本人記者も、「韓国の選手たちが村での食事に不満を持っているという報道を見て驚いた。

メディアはまた、北京オリンピックと東京オリンピックのために別々のケータリング施設を作ることによって、韓国のアスリートだけがアスリートにパックランチを提供していると報じた。 実際、韓国の選手たちは韓国体育協会が支援するお弁当で食事を解決している。

韓国体育協会は、北京選手村から約15分のクラウンプラザ北京サンパレスホテルでケータリングセンターを運営しています。 鎮川国立運動選手村の栄養士を含む14人の料理人がセンターに派遣され、代表団の選手のために韓国料理の昼食を準備して配達します。

これに関して、日本のスポーツ新聞の記者は、「人それぞれの好みは違うが、北京の選手村で料理をするシェフは複雑な考えを持っているだろう」と述べた。

しかし、日本のメディアの報道とは反対に、韓国以外の国の選手たちは、北京オリンピックの検疫ホテルと選手たちの村の食事に一貫して不満を表明している。

ロシアオリンピック委員会(ROC)のバイアスロンチームであるValeria Vasnetzovagaは、5日、Instagramに「5日間の食事」というキャプションを付けてコロナ19の隔離されたホテルの食べ物の写真を投稿しました。

彼は「腹痛があり、顔色が青ざめた。それがすべて終わったらいいのに」と不平を言った。 「私は毎日泣きます。とても大変です。お腹がすいたので、脂肪をすべて食べなければなりませんでした。代わりに肉を食べました。体重が減り、骨が露出しました。」

また、北欧の混血のドイツ人プレーヤー、エリック・プレンツェルがCOVID-19の検査で陽性を示した後、チームリーダーは検疫ホテルを「部屋が小さすぎて非衛生的で、食事がタイムリーに提供されなかった」と批判しました。

[이하린 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。