日本のメディア6月のNATO首脳会合での韓国と日本の首脳間の最初の会合の広いチャンス

G7に招待された国の韓国を除いて、ドイツでの会合の可能性はなくなります。
「日韓首脳会談は、徴兵制などの解決策なしには開催できない」

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領と岸田文雄首相が来月のNATO首脳会合で初めて会う可能性が高まっている。

日本の新文真一は、「岸田文雄首相とユン大統領は、6月29日から30日までスペインのマドリッドで開催されるNATO首脳会合に出席することを検討している」と報じた。

NATO加盟国だけでなく、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドを含むアジア太平洋地域の4つの非加盟国も会議に招待されています。

しかし、毎日新聞は、「日本政府は、日韓首脳会談に依然として慎重であり、首相の親しい仲間は、(二人の指導者が)会ったとしても、(会議室で)立って話し合うことを期待した」と述べた。

NATO首脳会合の前にドイツで開催されるG7首脳会談で二人の首脳が会うとの予測もあったが、韓国は最終的にG7招待リストから除外されたことが知られている。

韓国は2020年と2021年にG7サミットに招待されました。

今年のG7サミットは、6月26日から28日までドイツのエルマウで開催され、インド、インドネシア、南アフリカ、セネガルの4か国が確認されたと報告されています。

岸田首相は就任から約1か月後、最初にジョー・バイデン米国大統領と会談し、英国のグラスゴーで開催された国連気候変動枠組会議(COP26)の第26回締約国会議(COP26)で簡単に会談しました。 、昨年11月上旬。

そして、今年の1月21日、日米首脳が初のビデオ会議を開催しました。

日本は、日韓関係の改善に熱心なユン大統領に大きな期待を寄せているが、強制労働動員の問題と日本の軍事的慰めの犠牲者に関して韓国政府が提案している解決策を検討した後、首脳会談を求める声もある。日本の植民地時代の女性。

日本は「韓国は私たちが受け入れることができる解決策をもたらすべきである」という姿勢を堅持し、これらの問題は2015年の慰安婦協定と1965年の日韓基本条約によって解決されたと述べています。

佐藤正久外交委員長は、「韓国が、日本の入隊労働者(植民地時代の強制動員)問題の解決策を見つけるのを待つことが重要だ」と述べた。

右翼自衛隊の政治家である佐藤大統領は、前日の外務省会議で、「韓国の政権交代で、日韓関係がバラバラになっているという幻想は捨てなければならない」と述べた。

同氏は、「国際会議に出席している二人の指導者が話すことに問題はない」と述べたが、「正式な会議は、解決策が提示されない状況で将来に問題を残す。韓国と日本。 “

文在寅大統領と安倍晋三首相が韓国への参加を機に、2019年12月に二国間会談を行った。 -サミット中国-日本。

/ユンハプニュース

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。