日本の九州の東海岸沖でマグニチュード6.6の地震…「津波の恐れはありません」

日本の九州の東海岸沖でマグニチュード6.4の地震。 気象庁のウェブサイトから取得。 朗報です。

大きな被害は知られていない
大地震が予想された南海渓谷への懸念

気象庁によると、22日01時08分ごろ、九州東海岸でマグニチュード6.6の地震が発生した。深夜に大地震が発生し、日本列島は緊張に包まれた。

気象庁によると、大分県と宮崎県の一部で地震により5マグニチュードの河川揺れが観測された。

気象庁のスコア5は、ほとんどの人が何かを握らずに歩くのが難しい震えのレベルです。

天井からたくさんの台所用品や本棚の本が中に落ちて、ゆるい家具が落ちるかもしれません。

地震以来、地震は同日午前3時まで続き、マグニチュード1以上の震えが12回発生し、悲惨な地震に分類されました。

子どもたちは地震避難のコツを学びます。 イベントの発生とは無関係です。  15.12.2021聯合ニュース

クリックしてオリジナルを表示します。

▲子供たちは地震から避難することを学びます。 イベントの発生とは無関係です。
15.12.2021聯合ニュース

「1週間で最大マグニチュード5の地震が再発する可能性」

気象庁は同日早朝に記者会見を開き、震源地を中心に最大強度約5の地震が来週繰り返される可能性があると警告した。 しかし、大韓民国気象庁は「津波の危険はない」と述べた。

地震により、宮崎県と大分県で数人の負傷者が出て、古い建物の損傷が報告されました。

水道管が破損し、停電が発生しました。

幸い、地震による津波はなく、大きな被害もありませんでした。

深夜に発生した地震は、今後大規模な地震が予想される南海渓谷の震源地として発生し、不安を引き起こしました。

4つの構造プレート(太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北米プレート)が出会う境界に位置し、地震が頻繁に発生する日本では、南海の谷が襲う恐れがあります。将来的には、富士山の噴火や東京を中心とした直接地震とともに、最大の災害の一つと考えられています。

2016年の日本の地震による被害。 ソウル新聞DB

クリックしてオリジナルを表示します。

▲2016年の日本の地震による被害。 ソウル新聞DB

日本は南海渓谷の地震を将来の最大の災害の1つとしてランク付けしています

日本政府の地震調査委員会による最新の調査によると、宮崎県の東海である日向灘を震源とするマグニチュード7の地震が今後30年以内に発生する可能性は70〜80%です。 。

日向灘は、差し迫った南海峡の地震震源地の西端に位置しています。

NHKの放送によると、実は過去にマグニチュード7の強い地震が繰り返し発生しています。

1968年にマグニチュード7.5の地震が発生し、四国地域で最大3mの津波が発生し、1984年にマグニチュード7.1の地震が発生しました。

また、1996年のマグニチュード6.9の地震に続き、3年前の2019年5月にマグニチュード6.3の地震が発生しました。

気象庁は、地震は南海峡谷地震の震源地で発生し、地震と予想されるシナリオとの関係を調査する予定であると述べた。

ジャーナリストのイ・ボムス

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。