日本の医療制度は深刻な流行のために深刻な圧力にさらされています。「在宅回復期」の数は10万人を超えています-yqqlm

原題:深刻なエピデミックにより、日本の医療制度は大きなプレッシャーにさらされている:「セルフケアのための回復期」の数は10万人を超える

8月13日、人々は日本の東京の浅草寺の近くで遊ぶためにマスクを着用しました。新華

外国メディアの報道によると、現在、日本では約10万人が新冠に感染しており、病床が不十分なために自宅に戻らなければなりません。 治療のために病院に行く方法がなく、自宅で亡くなる感染者の数は増加しています。 また、新冠に感染した妊婦は入院できず、早産、流産、さらには家庭での新生児死亡も増加しています。

現在、日本の医療専門家の間では、「この現象が続くと、日本の医療システムは崩壊のリスクを冒すだけでなく、完全な麻痺のリスクに直面する可能性がある」と一般的な懸念があります。 現在、日本社会の不安も高まっています。 ますます多くの声が懸念されています:「日本の新しいコロナの流行は暴走状態に陥ったのですか?」

感染症の流行は増加しており、医療制度は大きな圧力にさらされています

外国メディアの報道によると、8月21日の日本における新冠の1日あたりの新たな感染数は25,292件でした。 前日の新規感染件数は25,871件で、2日連続で25,000件を超えました。 過去7日間で、日本の新たな感染数は1日で平均21,865に達し、東京オリンピックが開催される前に非常事態が宣言されたときの7倍になりました。 7月12日から18日まで、日本の感染者数はわずか2,988人でした。

感染者数は爆発的に増加しているが、厚生労働省の規定により、原則として無症状または軽度の症状のない新冠に感染した者は、自宅に留まって実施している。 「家の回復」。 これまでのところ、そのような「在宅回復期」の数は10万人に達しています。 また、8月21日には、日本における重症患者の累計数は1,888人に達し、9日連続で新記録を樹立しました。

現在の問題は、状態が悪化し、血中酸素飽和度が危険なレベルを下回ると、それらの「回復者」が救急医療のために入院することが困難になる可能性があることです。 感染者数が最も多い東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県では、先週、重症患者の病床利用率が70%を超えました。 しかし、最前線の医療スタッフの観点からは、ICUベッドの実際の利用率は100%に達しています。

「日本の医療制度の崩壊論」は徐々に現実のものになりつつある

報道によると、東京では今月の9日から15日まで、回復期に急に悪化し、救急病院に運ばれなければならなかった感染者は2,259人に達し、そのうち1,414人は最終的にはできなかった。全体の62.6%を占める治療のために病院に入る。 10人中6人が119人に助けを求めましたが、最終的には助けが得られませんでした。

統計によると、病院に運ばれた845人の重度の感染患者のうち、280人が入院するのに3時間以上かかりました。 先月、東京では少なくとも18人の「回復期の家庭」が亡くなり、神奈川県、千葉県、埼玉県を含む3つの「首都圏の3つの都道府県」で亡くなりました。

また、病院に送られたにもかかわらず効果的な治療を受けられなかったために後に亡くなった感染者もいます。 17日、千葉県の自宅で回復期を迎えた感染者が妊娠8ヶ月で早産し、残念ながら息子は治療不足で亡くなりました。 2日前、妊婦さんが病院と保健所に電話して入院を依頼しましたが、結局入院できる場所がありませんでした。

東京の最悪の状況は「制御不能」です

報道によると、日本のエピデミック予防の専門家はその後、「日本のエピデミックの拡大は災害のレベルに達した」と警告した。 「最も深刻な流行として、東京はすでに制御不能になっている」という見方もあります。

日本人の50%以上が、新しいコロナワクチンを少なくとも1回接種していますが、期待されるエピデミック防止効果はありませんでした。 感染者数が増加した理由は、主に変異型デルタ株に関係しています。 日本の国立感染症研究所が発表した最新の統計によると、首都圏の感染者の95%、大阪近郊の感染者の80%がデルタ株に感染しています。

日本では、65歳以上の人の予防接種率は20歳から50歳の人よりもはるかに高くなっています。 しかし問題は、20-50歳の人々がパンデミックのために野外活動を減らしていないということです。 7月、日本政府は東京を含む多くの地域で非常事態宣言を発表し、破産した。 8月上旬、日本政府が緊急宣言エリアを6地域に拡大したにもかかわらず、東京オリンピックでは、緊急宣言は実際には発生の防止に何の効果もありませんでした。

東京は現在、発生の影響を最も受けています

多くの見解では、過去1年半にわたって、日本政府はいくつかの緊急宣言を発表し、その効果は名前だけで排除されたと考えています。 それを嘲笑した人もいます。「これは、あなたがそれをするかどうかは問題ではないという声明です。」 非常事態宣言の効果が弱まったことから、一部の日本の地方自治体の指導者は菅義偉に「出口に対する阻止政策を使用することを提案した。法的規定は固定されている」が、菅義偉によって拒否された。 あるいは、日本政府は今年10月までに全人口の予防接種率を80%に引き上げる計画です。

医療システムの崩壊の問題を解決するために、東京は今週から、新しいコロナウイルスに感染した人々に酸素吸入サービスを提供できるいくつかの一時的な酸素ステーションの設置を開始しました。 また、日本政府は、アウトブレイク予防政策の基準を現在の新たに感染した人々のためのセンターから重度の感染した人々のためのセンターに変更することについても議論しています。

医療従事者の4分の1が「燃え尽き症候群」に苦しんでいます

日本の倉敷中央病院の緊急センターの所長である栗山晃らによる最近の調査によると、新しいコロナウイルスの予防と治療の最前線で働いている日本の医療スタッフの4分の1が「燃え尽き症候群」になっています。 日本の新しいコロナウイルス発生防止の第一線である状況は、非常に深刻な状況に達していることがわかります。

いわゆる「燃え尽き症候群」とは、最初からあるものへの大きな熱意を指しますが、その後、疲れ果ててしまい、最終的には心理的なギャップをあきらめることになります。

栗山晃氏によると、全国の医療関係者の心身の状態を把握するために、全国15都道府県の867人の医療関係者にオンラインアンケートを実施した。 主な科目には、医師、看護師、放射線技師が含まれます。 回答者の24%は、現在「ゲームから外れている」と考えており、「仕事のプレッシャーを最初に考え、他の人からの助けが必要な状態にあることが多い」と感じています。

新しいコロナウイルスについての懸念については、回答者の84%が「彼らはウイルスを家族に広めるだろう」と心配しています。 回答者の70%は、「彼らはウイルスを同僚に広めるだろう」と心配しています。 また、回答者の約70%が「患者の都合で家族が見えないため、抵抗感を感じる」と回答した。 回答者の40%は、「仕事を辞めたい、もうやりたくない」とさえ言っていました。

レッドスターニュースレポーターの羅天

RenJiangboが編集

(Red Star Newsをダウンロードしてください。紹介資料には報酬があります!)捜狐に戻って、もっと見る


出版社:

免責事項:この記事の見解は著者自身のみを表しており、捜狐は情報公開プラットフォームであり、捜狐は情報ストレージスペースサービスのみを提供しています。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。