日本の国連常任理事国入りの試みには摩擦が伴いました

全体像を見てください

日本の岸田文雄首相は16日の日本の地震について記者団に話します。
Ⓒ共同通信=聯合ニュース

関連写真を見る

ロシアのウクライナ侵攻後、日本政府は何かを試みています。 90年代初頭にやったことと同じです。 日本は、ロシアの天然ガス供給の減少に苦しむ西欧に天然ガスを供給することを発表し、ウクライナの難民を受け入れることを発表した。

自衛隊もウクライナへの援助に参加しています。 8日、愛知県小牧市の東京と大阪の南にある基地から、自衛隊の給油用輸送機が離陸した。 目的は防弾チョッキとヘルメットを提供することです。 自衛隊が海外で防弾チョッキを提供するのはこれが初めてです。 そんな中、「リアルタイム」も扱っています。 戦争の瀬戸際に跳躍することにより、運動が軍事力になることが検出されます。

常任取締役会への移行の開始方法

戦争勃発から3日後の2月27日以来、安倍晋三前首相は原発の共有を公に主張している。 これに対し、岸田文雄首相は、非核三原則に違反しているため、政府内でのニュークリアシェアリングについては議論しないと述べた。

岸田文雄首相は、13日の第89回党大会で、自衛隊を憲法に含めるべきだと強調した。 岸田首相は、「自民党が提案した4条の修正案はすべて、今取り組むべき課題だ」と述べた。 付随する傾向の1つは、1990年代初頭を彷彿とさせます。 これが、国連安全保障理事会の常任理事国入りへの動きを開始するものです。

岸田首相は党大会で、「安保理常任理事国であるロシアの暴力は、国際秩序の新たな枠組みが必要であることを示している。これを実現するために最善を尽くす」と述べた。

日本は、常任理事国入りを推進しているインド、ブラジル、ドイツとの間でG4を結成し、「常任理事国と非常任理事国を拡大することによる安全保障理事会の再編」を支持した。 これが日本が話している安保理改革です。 岸田首相が任期内に実施すると述べた安保理改革は、自国を常任理事国にする。

2日後の15日、林芳正外相はより直接的な声明を発表した。 安保理がロシアの撤退を求める決議を採択しなかったことを受けて、彼は定期的な記者会見で「日本を常任理事国とするなど、改革を実行するために可能な限りのことをする」と約束した。 これらの現象は、ロシアの侵略を口実に日本政府が恒久的な加盟国に入る動きを示しています。

アメリカの影響力を伴う試み

日本が恒久加盟国に入る最初の試みは、旧ソ連が崩壊し、米国が一時的に強化された後、冷戦によって世界秩序が一掃された1990年代初頭にさかのぼります。 この時、常任理事国入りを推進したのは、旧ソ連解散当時の首相であった宮澤喜一(1991〜1993年)であった。

宮沢首相の後継者は、1993年8月9日に就任した細川護熙でした。細川首相は新党の党員でした。 1955年以来の自民党の長年の統治は、宮沢首相の下で破られた。 これは、1993年7月18日の衆議院選挙での自民党の過去最低の36.6%の票の結果でした。

自民党とソ連が弱体化した時期に首相に就任した宮沢氏は、1992年7月のブッシュ大統領(ブッシュ大統領)との首脳会談で、常任理事に昇進する問題について言及した。 その後、6月に国連平和維持活動協力法(PKO)が公布され、国連環境開発会議で世界経済と環境に貢献することを約束しました。 1996年までに開発途上国に1兆円の公的環境開発援助(ODA)を提供することを約束した。これは、現在の「善行」を与えることで常任理事国入りを目指す試みだった。

現時点で、常任理事国で前進するために一緒に発行されるカードの1つは、河野宣言です。 河野洋平官房長官は、慰安婦の強制動員に軍が介入し、強要したことを認めた声明を、新日本党首相就任5日前の1993年8月4日に発表した。 倫理的な欠陥を持った常任理事国になることは難しいと判断されました。

常任理事国であるソ連が消滅し、日本の「最良の同盟国」である米国が一時的に強くなった時期でした。 それで、日本側の観点からは、1992年から常任理事国になろうとする時が来ました。

しかし、1993年に7.18のショックを受けた日本の政界は混乱に陥り、新日本新党首相、新新党、日本社会党が次々と政権を握った。 この混乱は、1996年に橋本龍太郎元自民党首相が就任したことで幾分緩和された。 自民党政権と日本の政治家は、常任理事国入りを試みた翌年に危機に見舞われ、それは必然的に日本の安全保障理事会への加盟に悪影響を及ぼした。

今年は宮沢首相の常任加盟宣言から30周年を迎えます。 ロシアの国力は当時よりも強いが、ロシアの国際的地位は当時よりも悪い。 しばらく停滞していたアメリカの状態は、戦争が勃発したときと同じくらい強かった。 日本の自民党はそれよりも強い立場にあります。 安倍晋三をはじめとする極右勢力を中心に安定した基盤を持っています。 米国の日本への依存度も当時よりはるかに高い。

摩擦の複数の可能性

 

全体像を見てください
代表団は、17日(現地時間)にニューヨークの国連本部で開催された国連安全保障理事会の会合で投票した。

代表団は、17日(現地時間)にニューヨークの国連本部で開催された国連安全保障理事会の会合で投票した。
Ⓒ神話=聯合ニュース

関連写真を見る

他方、安保理常任理事国に求められる道徳性という点では、その瞬間に比べて不利である。 日本を非難する世界の世論は、当時よりもはるかに広い。 したがって、常任理事国入りへの日本の努力が加速すれば、日本に謝罪と補償を求める声は必然的にそれだけ増えるだろう。

しかし、日本への批判が最も強い韓国で間もなく政権交代が行われることは、日本政府に安心感を与える要因である。 しかし、これは尹錫淵(ユン・ソクヨル)政権の足かせになる可能性がある。 日本が恒久加盟国への進出を加速する度に、韓国をはじめ世界各国で日本を批判する世論が高まる。

日本が常任理事国に入ると、別の点で摩擦が生じる可能性があります。 これは、米国の安全保障理事会からロシアを追放するという最近の動きと一致する可能性が非常に高いです。 米国下院では、常任理事国からロシアを解任する決議が保留されています。 岸田首相と林外相の発言が示すように、日本もこの動きに乗っている。

しかし、「ロシアの常任理事国入り」の問題が「日本の常任理事国入り」の問題よりもはるかに強くなると、日本はロシアとの真正面からの対立という新たな状況に直面せざるを得なくなるだろう。

安全保障理事会の常任理事国の名前は、国連憲章の第23条(1)に明記されています。 パラグラフ1は、「安全保障理事会は国連の15の加盟国で構成される」と述べ、「中華民国、フランス、ソビエト社会主義共和国連邦、英国およびアメリカ合衆国は常任理事国である」と述べている。安全保障理事会」。

ロシアは、ソビエト連邦の後継者としての地位に基づいて、理事会の常任理事国の地位を維持しています。 憲章を改正することは、ロシアを常任理事国から除外する最も確実な方法です。 ただし、第108条によれば、憲章の変更には、総会の議員の3分の2の同意と、常任理事国の5名の同意が必要である。 したがって、第23条(1)を改正してロシアを追放することは事実上不可能である。

最も現実的なことは、第23条(1)に「ロシア連邦共和国」という名前がないという事実を強調することです。 ウクライナのような国もありますが、そもそもロシアに旧ソ連の地位を取得することだけを要求する法律はありません。 ロシアが元々理事会の常任理事国ではなかったという解釈を導き出すこの方法も議論されている。

ただし、これも簡単ではありません。 これはロシアとの正面対立につながるでしょう。 さらに、このようにロシアが追放されれば、第23条(1)「中華人民共和国」に述べられている他国をめぐる紛争を引き起こしやすい。

習近平が率いる国は中華人民共和国であるため、憲章の解釈の変更によりロシアが追放された場合、台湾(台湾、自由中国)も同様に中国を追放しようとする可能性があります。 そうなれば、常任理事国入りという日本の問題は影を落とし、世界覇権をめぐる競争はより開かれたものとなるでしょう。

日本の恒久的加盟国への進出の試みが、現在のロシアの地位の剥奪に関連しているとすれば、日本の試みは、中国とロシアの地位を奪う世界秩序の調整に関連している可能性が高い。 。 ですから、1990年代初頭と同じように、日本が常任理事国になることは容易ではありません。 岸田首相は任期内に安保理改革を行うことを約束したが、これは手ごわい仕事だ。

むしろ、戦争犯罪を勇気をもって清算し、韓国と北朝鮮、中国、そしてアジアの人々の支持を得た後、常任理事国入りを試みる方がはるかに早いかもしれない。 これが、日本がロシアや中国との紛争を最小限に抑える方法で常任理事国になることができる方法であると言えます。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。