日本の政府当局者は言う:「私は受け入れることができない」東京オリンピックのウェブサイトで独島をマークする韓国の抗議

出典:聯合ニュース

7月の東京五輪開幕に先立ち、日韓最大の問題として浮上している独島問題で、日本政府は領有権主張を折りたたんでいない。

本日首相官邸で開かれた定期記者会見で、日本政府のスポークスマン、加藤勝信首相は昨日の韓国政府の抗議に反論し、韓国の日本大使館である相馬博正将軍がドクドを日本の領土としてマークするために召喚されたと反論した。東京オリンピックのウェブサイトの地図、彼女はそう言った。

加藤大臣は、「竹島は、歴史的事実や国際法から明らかな、本質的に日本の領土である」と述べた。

加藤大臣は記者会見で、「組織委員会は、韓国側が問題を提起している東京オリンピックのウェブサイトの地図上に独島のマーキングが客観的にマーキングされていると説明している」と付け加えた。

加藤大臣はまた、オリンピック憲章に言及し、オリンピック憲章には、国際オリンピック委員会の役割と使命としてのアスリートの不適切な政治的または商業的使用に反対する条項があると述べた。

オリンピック憲章に関するコメントは、韓国の大統領ランナーが独島問題を引用して東京オリンピックをボイコットする可能性について話していたこと、そして韓国政府と韓国スポーツ協会がオリンピックからの調停を求めることを決定したことを考慮に入れているようです委員会。国際。

先月、民主党の李洛淵(イ・ナクヨン)元首相はフェイスブックで、「これは容認できない。

丁世均前首相も先月26日、「最後までキャンセルを拒否するなら、オリンピックに出場しないことも含めて、あらゆる手段を動員しなければならない」と述べ、日本を批判した。

京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事も昨日、国際オリンピック委員会に「独島ブランドを撤廃するための積極的な措置を講じる」との手紙を送った。

先月の24日、文化体育観光部と韓国体育協会は、日本オリンピック委員会に独島の商標を修正するよう求める書簡を送った。

日本のメディアは、東京オリンピックのウェブサイトの地図上で独島問題に関連する韓国大統領のすべての観察と動きを伝えるために、この論争の方向性に関心を示しています。

このような状況の中で、加藤大臣はオリンピック憲章を批判し、独島紛争に関連した韓国側の動きがスポーツマンによって政治的に悪用されていることを批判した。

日本は、東京オリンピックのウェブサイトでトーチリレールートを紹介する全国地図上に、島根県の上の独島の場所に対応する場所に目立たない点を付けることによって、独島を日本に属するものとしてマークしました。

韓国政府は2019年7月に初めてこれを確認し、日本側に抗議し、最近再び問題が浮き彫りになった後、先月24日、韓国の日本大使館を通じて再び修正を要求した。

組織委員会はまた、当初作成したウェブサイトのトーチリレーマップに変更はなかったと付け加えました。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。