日本の朝日「ロシア軍、全国の不審な動き…警戒が強まった」

画像の説明ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、10月18日にモスクワのクレムリンで閣僚会議の議長を務めます。 同日の会議で、プーチンはウクライナの侵略に対応して超強力な西側の制裁に対処する方法について話し合った。 [사진 출처 = 연합뉴스]

ウクライナを侵略したロシアも日本で疑わしい動きをしているとの報道が出ている。

日本の朝日新聞は13日、ロシア軍が今年北海道とオホーツク海で大規模な海上演習を行った後、日本の自衛隊が警戒を強化したと報じた。 同時に、ロシアが中国と歩調を合わせようとしていることにも注目しており、海上拡大に拍車をかけている。

朝日氏によると、先月、ロシア海軍の艦船24隻が日本海域で訓練を実施し、津軽海峡を10隻から11隻の間に訓練に参加したと思われる10隻の軍艦が訓練を行った。

国防省はまた、ロシア軍の航行の方向性と目的にも目を光らせている。 現在、日本はロシアに対する経済制裁に積極的に参加しています。 ロシアも日本を敵対国に指定しているため、両国間の紛争は激化しています。 アナリストは、ロシアが日本を挑発するためにそのような選択をしたと言います。

岸信夫国防相は、「ロシアのウクライナへの武力侵攻は、国際秩序の基盤を揺るがす残虐行為である」と「ロシア軍が日本近郊で活動しているのではないかと懸念している」と強調した。 「ウクライナを侵略しているロシアがアジアでそのような演習を行う能力を持っていることを示すのは抗議の1つだと思う」と彼は言った。

さらに、千島列島の最南端にある択択島、国後島、四島島、歯舞群島の4つの島をめぐって、日露間で激しい領土問題が発生しています。 先週、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、島々を免税ゾーンとして指定する法案に署名しました。 世界がロシアに対する制裁を提案していることから、特別免税ゾーンを設けても、このゾーンに参入して事業を行っている外国企業を見つけるのは容易ではないことに留意されたい。 以前、日本はこれらの島々が彼らの領土であると主張し、彼らの領土権の返還を要求し、ロシアは戦争中に島々を占領している間、島々を引き渡す理由はないと反論した。

[이가람 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。