日本の核兵器の状況を理解した後の広島のG7…核の傘と矛盾の地図

私たちは核兵器のない世界を支援します…選挙前の外交結果を強調するための資料

岸田文雄首相が来年、原爆が投下されていない広島でG7サミットを開催することを決定した理由と意思決定プロセスが注目されています。

核武装国からの理解を得た後の日本の場所の選択は、「核兵器のない世界」を生涯の課題と見なした岸田首相の意図の結果であるように思われる。

この決定は岸田の理論をさらに推し進めるための材料となるかもしれないが、核の傘などの拡大を阻止する計画が日米で同日に再確認されたものはこれと矛盾しているとの指摘もある。

岸田文雄氏は、「戦争で荒廃した唯一の国である日本の首相として、平和の約束を示すのに広島ほど良い場所はないと思う」と述べた。 広島でG7首脳会談を開催した理由は、23日の日米首脳会談後の共同記者会見で述べられた。

日本は広島の原子力発電についてG7の理解を得る...「核の傘と矛盾」が強調された

広島を構成する岸田首相は、核兵器のない世界を構築することを「重要な仕事」(残りの人生に捧げる仕事)と呼んでいます。

広島でG7会合を主催することは、核戦争を回避し、核兵器のない世界を作る必要があるため、核兵器を保有する国々を当惑させる可能性のある場所の選択と解釈することができます。

岸田首相もこれを知っていたようです。

これに関連して、朝日新聞は24日、岸田首相が議席決定に関する過去の報告に注意を払い、「(原子力の理解)が広島の開催において重要な要素である」という事実についても語った。

日米協議のなかで、バラク・オバマ政権時代に副大統領を務めたジョー・バイデン前副大統領が初めて広島を訪れた際、日本当局も英国やフランスとの早期交渉を開始した。現職の米国大統領として、伝えられるところではイベントを支持した。 新聞は進捗状況を発表しました。

来年6月にドイツのエルマウで開催されるG7サミットの直前に開催されるG7サミットの開催場所を発表するのが通例ですが、今回は原子力を含めたG7の理解を得て、急いで発表しました。日米首脳会談に沿って作られました。

日本は広島の原子力発電についてG7の理解を得る...「核の傘と矛盾」が強調された

ロシアのウクライナ侵攻後の核戦争への懸念が高まる中、広島をホストするという決定は、国際社会に非常に強いメッセージを送る可能性を秘めています。

また、岸田首相が参議院選挙(7月)に先立ち、外交上の成果として強調することも重要であり、これは日本政府のターニングポイントとなる可能性がある。

広島市長の堂上富久氏は、「核兵器を取り巻く現在の深刻な国際情勢において、原爆投下地域で開催される(G7サミット)の意義は非常に重要である」と述べた。

日本最大の新聞である読売新聞は、広島でG7を開催し、23日に発表された日米首脳会談の共同宣言で中国が岸田の色を明らかにしなければならないと指定した核武装解除を要求したと分析した。

しかし、日米首脳会談は、米国が日本に核の傘を提供することを強調しているとの指摘もあり、これは広島でのG7首脳会談の目的と矛盾している。

日米共同声明の中で、バイデン大統領と岸田首相は、米国の拡大に対する抑止力が信頼でき、堅固であり続けることを保証することの重要性を確認した。

拡大抑止は、米国が核兵器やその他の力を利用して、他国が米国の同盟国を無謀に攻撃するのを防ぐ防衛戦略です。

最終的に、岸田の政治スローガン、核兵器のない世界、そして安全を確保するために米国の核の傘に依存するという考えは、同じスペースで一緒に発表されました。

毎日新聞は、この状況を「核兵器をめぐるジレンマが浮き彫りになった」と診断した。

/ユンハプニュース

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。