日本の津波警報は岩手に拡大しました…21万人への避難命令(合計2件の報告)::共感メディアニューシス通信社::

記事の概要

南太平洋における水中火山噴火の影響



[AP/뉴시스]この写真は、日本の気象衛星ひまわり8号によって撮影され、気象庁によって公開されました。 南太平洋の国であるトンガ近くの海底火山は、2022年1月15日に噴火しました。


[서울=뉴시스] 記者金芸珍=気象庁は16日、日本の南西海岸で最大3メートルの津波警報を発した。一部の地域で1.2メートルの津波が観測された。

NHK、日経新聞、読売新聞によると、気象庁は鹿児島県南西部の奄美島とトカラ列島に午前12時15分頃に津波警報を発令した。 高さは3mまでである必要があります。

また、北海道から沖縄にかけて太平洋側の広い地域で津波警報が発令されました。 高さは1mまでである必要があります。

特に、16日の午前2時54分、本州北東部の岩手県に向けて発令された津波警報が発令されました。

青森県、岩手県、宮城県、千葉県、徳島県、高知県内務省の消防士によると、8県48市町村約101,000世帯、213,400人に避難命令が出されている。宮城県、鹿児島県を含む。 彼は犠牲者の報告はないと言った。

日本政府は首相官邸危機管理センターに公式連絡事務所を設置しました。 首相官邸の「災害・危機管理情報」の公式ツイッターアカウントは、「関係省庁は、これに関連して対応するために最善を尽くす」と述べた。

気象庁は同日午前2時ごろ記者会見を行った。 「鹿児島県のアマミム諸島とトカラ列島に津波警報が発令され、北海道から沖縄県にかけて太平洋地域に津波警報が発令された」と宮岡一樹計画局長は述べた。 。

「津波警報が発令された地域では被害の危険性がある」と彼は促した。

彼はまた、「津波は何度も襲うので、警報が鳴るまで安全な場所から離れないでください」と訴えました。

「また、警告が発令された地域では、海流にとどまり、警告と警告が解除されるまで海に出入りしないでください。潮流は引き続き高くなります。」

associate_pic

[서울=뉴시스]16日午前2時ごろ、気象庁地震情報企画部長の宮岡一樹氏が記者会見を行い、カゴシマ県南西部の奄美群島とトカラ列島に津波警報が発令されたと発表した。 彼は人々にすぐに避難するように促し、その地域に被害を与えるリスクがあると述べた。 写真はNHKのニュースシーン2022.01.16を撮影したものです。 *転売およびDBは禁止されています。

日本の沿岸警備隊は航海通知を出しました。 同氏は、危険物が漂流したり、水深が変化したり、港湾施設や道路標識に損傷を与えたりする可能性があるとして、日本を航行する船舶に注意を促した。

警察庁は、海岸の人々にすぐに高い場所に避難するように促しました。 警察庁はまた、津波による被害がないかどうかを確認するために地元の警察署を通じて情報を収集しています。

東海No.では津波による異常はなかったとのことです。 茨城県で2。

茨城県東海村防災・原子力安全課によると、東海No. 同じ日の午前2時から1時。 彼は情報を収集し続けると言った。

当初、気象庁は、爆発が日本の海面変動を引き起こしたと述べたが、被害の心配はなかった。 しかし、15日の夜から全国で津波が観測されています。

NHKによると、津波はすでに日本の各地で観測されています。 鹿児島県奄美大島の小湊で15日午後11時55分に1.2mの津波が観測された。

同日、小笠原諸島の父島で10:52:90cm、伊豆諸島の八丈島の八丈島で10:21:40cm、40cmなど。 津波が観測されました。

16日の夜明け、和歌山県工房市で午前0時31分に90cmの津波が観測された。 岩手県久慈港で0:08に90cmの津波が観測され、2:26に1.10mの津波が観測された。

日経によると、16日の朝、奄美大島のほとりで、避難しようとしている車が混雑している通りの画像がソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のツイッターに投稿された。

日本の津波は、15日(現地時間)の南太平洋の島国であるトンガ付近の水中火山噴火によって引き起こされたようです。

トンガ政府は、近くの海底火山の噴火の直後に津波警報を発しました。

◎SympathyPressNews aci27@newsis.com

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。